健康ひろば

豚の細胞培養「人工ベーコン」の試験提供開始(どんな味?

豚の細胞培養「人工ベーコン」の試験提供開始(どんな味?

人工ベーコンの試験提供がスタートしました。

人工ベーコンとは

1.豚から取り出された細胞を増殖させ「肉」にする。

2.細胞培養から作られる肉なので動物の命を犠牲にしない。

3.安全性に等に課題、疑問

人が生きていくには最低限の命の犠牲が必要だが、本格的に人口肉が普及すれば命を犠牲にする事が減ってきます。


人工ベーコンの作り方

1.豚から取り出された「植物」由来のビタミン・糖質・タンパク質により培養する。

*細胞培養により、数百トンの肉を収穫可能な上に、肉の持つ味わいや口当たりなどを変えることもできるとのこと。

人工ベーコンの試験的運用について

アメリカ「Mission Barns社」により、

「人工ベーコン」が、サンフランシスコ・ベイエリアのレストランの2店舗で応募者に対して試験提供されました。

Mission Barnsの製品開発ディレクターが調理した人工ベーコンは、テイクアウトの形で提供されました。
*新型コロナウイルスの影響によって店内飲食がで出来なかったため。

Mission Barnsのエイタン・フィッシャーCEOは、
「我々の人工ベーコンを噛んだときに感じられる脂肪は感覚に訴えるような体験であり、植物由来の原料を使っているとは思えないほど鮮烈な肉々しさの味わいを感じさせてくれます」とコメントしています。
*アメリカ「Mission Barns社」:2018年に創業したMission Barnsは、動物の細胞から人工肉を培養するという研究を行っている。
Mission Barnsはレストラン数店舗程度ならば賄えるほどの生産能力を有していますが、2020年内の販売は予定していません。
近年人工肉は欧米で注目を集め続けており、ケンタッキーフライドチキンやマクドナルド、スターバックスなどの大手ファストフードブランドも人工肉を使った商品の開発を進めています。

《人口肉の問題点》

・培養中の病原菌の発生。

・化学物質汚染、トランス脂肪酸、残留抗生物質が含まれる可能性。

Mission Barnsは人工肉の利点として、培養された人工肉には食中毒の原因となるサルモネラ菌やボツリヌス菌などの病原菌や、重金属やポリ塩化ビフェニルなどの汚染物質、心臓病を引き起こすトランス脂肪酸、そして残留抗生物質が含まれていない点を挙げており、さらに培養によって生産される人工肉は持続可能かつ安全で人道的だと主張しています。



《参考》

Mission Barns
https://missionbarns.com/

Mission Barns tests cell-cultured pork fat with leading pork producer; gears up for hybrid plant/animal bacon tasting
https://www.foodnavigator-usa.com/Article/2020/08/03/Mission-Barns-tests-cell-cultured-pork-fat-with-leading-pork-producer-gears-up-for-hybrid-plant-animal-bacon-tasting

Mission Barns To Start Taste Tests Of Its Cell-Based Bacon & Pork Fat
https://www.greenqueen.com.hk/mission-barns-to-start-taste-tests-of-its-cell-based-bacon-pork-fat-2/

Cultivated bacon could soon be a reality, as a company readies its first tasing
https://www.zmescience.com/science/cultivated-bacon-test-262435/




もっと読む