健康ひろば

糖尿病は避けろ!!血糖値を下げるためにあなたが今、行うべきこと3つ

糖尿病は避けろ!!血糖値を下げるためにあなたが今、行うべきこと3つ

生活習慣病で有名な糖尿病は現在では40歳以上の3人に1人が糖尿病、または糖尿病予備軍であるとされています。

また、糖尿病が原因で命を落とす病気を発症する確率は格段に上がります。

そのため、今では多くの人が運動や食事管理については気を使っていますし、もしかしたら本記事を見ているご自身も現在、何かしらの対策を行っているかもしれませんね。

しかし、食事や運動面に気を遣うようになった人は多くなったとはいえ実際の統計上の数値では2007年に急激に糖尿病を患う人が増え、そこからは横ばい状態が続いています。

その原因としては上述した通り運動不足や食事管理の不徹底により健康管理ができていないこと、また、日々のストレスによって引き起こされるものがあります。

そういった状況に陥ると、糖尿病の直接的な原因となる血糖値の上昇により血流が悪くなり、様々な病気にかかってしまいます。

本記事では糖尿病を引き起こす血糖値のことや血糖値を下げ、リスクを回避させる方法について主に書いていきたいと思います。



糖尿病によって引き起こされるやっかいな病気


前述した通り現在、日本では糖尿病やその疑いがある人が増えてきています。

糖尿病は眼や心臓、腎臓、脳血管といった各細胞や各機関に関連があるとされる一方でさらにガンや歯周病にもかかるとされています。

また、糖尿病は様々な病気にかかるリスクをはらむものであり、その医療費も莫大なものであるため、国として糖尿病対策に向けて具体的な数値目標も設置し、取り組んでいます。

日本全体では2000万人以上が糖尿病有病者および予備軍とされていますが、前述した通り糖尿病によって引き起こされる病気は次のものがあります。

まず、糖尿病合併症として引き起こされるものとしては脳梗塞や脳卒中、失明などの危険がある糖尿病網膜症、心筋梗塞、狭心症や皮膚の炎症、閉塞性動脈硬化症、糖尿病神経障害などがあります。



糖尿病を引き起こす血糖値とインスリンについて


糖尿病を引き起こす原因として、運動不足や食事について述べましたが、もっとさらに細かく見ると血糖値の上昇によって糖尿病になるリスクは高まると言われています。

血液中にあるブドウ糖のことを血糖値といい、ブドウ糖は食べ物に含まれる糖質が体内で分解され腸を通して血液のなかに入ります。

そのため血糖値は食事の内容によって影響を受け、食後に血糖値が上昇するのです。

このように血糖値が高い状態を高血糖とよび、血液中にブドウ糖が多い状態のことをいいます。

通常、高血糖状態になると体内にあるインスリンというホルモンが血糖値を下げる働きをして正常になるように調整するのですが、その機能が損なわれ、血液中に糖が増加した状態が続いてしまい、血流が悪くなってしまうのです。

高血糖の状態が続いてしまうと、ブドウ糖によって血液の流れが悪くなり糖尿病になる恐れが高まります。



血糖値を下げるためにすべきこと



食事管理を徹底する


主な原因で挙げた食事管理についてはできるだけ、糖質を減らす努力をしなくてはいけません。

例えばごはんやパン、麺類などに含まれる糖質は、食後の血糖値を大きく上昇させてしまうので、日頃の食事では糖分が多く含まれている食べ物をできるだけ避け、糖分が少ないものを摂取していくことが望ましいと言えます。

また、糖分が少ないものをとるように心がけることと、血糖値を下げるものを積極的に摂取していくことでより改善されるでしょう。

血糖値を下げる身近な食べ物ではヨーグルトや大豆、そしてカカオチョコレートも血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。

また、食べ物だけでなく飲み物にも血糖値の上昇を抑えるものがあり、手軽に飲めるものとしてブラックコーヒーや牛乳、緑茶も効果があるとされています。



適度な運動を行う


上記では血糖値が上がりやすい食べ物、反対に血糖値を下げる食べ物を紹介し普段の食生活に心がけることはお分かりになったかと思いますが、そうはいっても好きなものを好きな時に好きなだけ食べたいときもあるのが普通だと思います。

体によくないとわかっていてもたまには食べたくなるものもあると思います。

血糖値は食後に上がりやすくなるため、食事と併せて適度な運動をすることで血糖値の数値を下げていかなければなりません。

前述したように特に糖分の高い食事をとることで、消化吸収されたブドウ糖が血液中に入ることで血糖値が上昇します。

では具体的にどういった運動がより適しているのかというと、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が血液中に吸収されたブドウ糖によって上昇する血糖値を下げる働きのあるインスリンの効果を促進させます。

また、有酸素運動を取り入れるだけでも効果的なのですが、さらに筋トレを取り入れるとさらに高い効果を得られます。

しかし、ここで注意したいのは血糖値を下げるために取り組む運動ですが、激しい運動ではなく適度な運動をするように心がけましょう。

ウォーキングやジョギングなどの軽い運動は血糖値を下げるのですが、ランニングなどのような強度の高い運動は体内でエネルギーを必要とするため、一時的に血糖値を高めてしまうことがあります。なので、血糖値を下げる際に取り入れる運動は激しすぎるのではなく、ややきついと感じる程度の軽い運動を取り入れるようにしましょう。



フォーシガ医薬品によって血糖値を下げる


これまでに紹介した食事管理と適度な運動を行うことが習慣となっていれば、あなたの血糖値は正常なものとなり、糖尿病やそれに伴う様々な危険な病気にかかるリスクは高まることはないでしょう。

しかし、今すぐに血糖値を下げたいと思う緊急性がある方や人によっては食事や運動での管理が苦手な方もいると思います。

そんな時に手軽に使用したいのがFORXIGA(フォーシガ―錠)と呼ばれるアストラゼネカ社が製造する糖尿病治療薬です。

フォーシガ―錠は腎臓に存在するSGLT2と呼ばれる輸送体の働きを阻害することで、尿中のグルコース(ブドウ糖)排泄を促進し、血糖値を下げることで糖尿病治療が行え、めまいやふらつきなどの低血糖症状を起こしにくいと言われています。

服用する方法としては1日に1回1錠(5mg)を自身の都合に合うタイミングで行い、もし効果が不十分な場合は1日1回2錠(10mg)まで増量することができます。

注意点としては他に治療中の病気がある場合は服用前に医師に相談すること、また、重症感染症や手術前後の方、その他糖尿病昏睡などの状態にある方はフォーシガーを服用することはできません。

それ以外の方でも栄養不良状態の方、激しい筋肉運動をされる方、過度のアルコールを摂取される方などは低血糖の危険性のある方は服用前に医師に相談するようにしてください。



まとめ


人の健康への意識は高まりつつありますが、現代の日本社会および今後の社会の在り方を考えると、ますます生活習慣病による糖尿病のリスクは高まっていくと考えられます。

そんな時に手元に置いておきたいのが、1日1回服用するだけで手軽に糖尿病治療ができるフォーシガー。

一般的に病院など専門的な機関にかかると治療費として多大なコストがかかりますが、当医薬品は個人輸入代行として比較的安価に入手することが可能です。

血糖値を下げたい、健康な体を維持したいとお考えなあなたにぜひ一度検討してほしいと思います。

もっと読む