健康ひろば

禁煙のために使ったブプロンSRで起こる好転反応3つを厳選する!!

禁煙のために使ったブプロンSRで起こる好転反応3つを厳選する!!

本記事では禁煙したいけど、できないと嘆くあなたに禁煙補助薬、ブプロンSRを紹介する。

そしてその際の使用方法や注意点、好転反応についてまとめていこうと思う。

2020年、国立がん研究センターの調べによれば、2020年のがん死亡数予測は、約37万9千400人になっており、その中でたばこが原因でがんになるのが30%と統計で出ています。

データからもわかると通り、たばこを吸うことのリスクを考え、これまで何度も禁煙したいと思いいろいろな方法を試した方も多いでしょう。

しかし、該当する方には分かるかと思いますが、禁煙するには相当な忍耐力と強い意志が必要です。

食後や就寝前になると口がさみしくなりますし、飲み会などで周りの人が吸っていると誘われ、つい一本だけと吸いたくなることもあるでしょう。

あるいは、ガムやミンティアなど口に刺激を与えるものでごまかしても一時的なもので時間がたてばまた、たばこを吸いたくなってしまいます。

この様にたばこを本気でやめようとすると、病院に通ったりと専門家を頼ることもありうるでしょうし、医薬品などを試すことも一つの選択肢としてあるでしょう。

そんな本気で禁煙したいあなたに今回ご紹介したいのが、ブプロンSRと呼ばれる医薬品ですが、これはいったいどんな薬でどんな反応があるのか、そして危険はないのか

詳しく見ていきましょう。



ブプロンSRとは禁煙に本当に効くのか!?


禁煙補助薬であるブプロンSRはニコチンを含まない、ザイパンのジェネリック医薬品となります。

インドのムンバイに本社を置く製薬会社が製造するジェネリック医薬品のため、安価でお求めになることもできます。

もともとこの医薬品は禁煙だけでなく、抗うつ剤として開発された成分でした。

しかし、抗うつ剤として使用していた多くの患者から同時にたばこをやめる人が続出し、禁煙補助薬として利用されるようになったのです。

なので、ブプロンSRは禁煙するのに効果があります。

主な成分はバプロピオン (bupropion)というもので、ニコチンの代用としてドーパミンを分泌し、それが脳内のニコチン離脱症状を軽減する働きをするとされています。

ニコチンが含まれないことから注目されている製品なのですが、残念ながら日本では認可が下りていない製品になります。

しかし、合法的に個人輸入できる製品なので入手したい場合は個人輸入代行会社を使うことをお勧めします。



禁煙補助薬、ブプロンSR服用後の好転反応とは!?


ブプロンSRには服用後、特に命に係わる副作用はないといわれていますが、いくつかの好転反応があることから服用の際は注意する必要があります。


①精神的な好転反応

ブプロンSRを服用後に起こる好転反応としては睡眠障害が起こるとされています。

寝つきが悪くなり、就寝前に服用すると睡眠がとれず、通常の生活に支障をきたし兼ねないので、それ以外の時間帯での服用をするといいでしょう。

また、不安などの神経系の障害もあるとされていますので服用する際は必ず後述する使用法に気を付けてください。


②体調に関する好転反応

次にブプロンSRを服用することで起こる好転反応は頭痛やめまい、吐き気などです。

これらは一般的に一時的な症状として現れるとされていますが、症状が悪化したり長時間続くようであれば医師に相談する必要があるでしょう。

服用する際には自動車など、危険を伴う機械の操作はしないようにしてください。


③身体への好転反応

最後にブプロンSRを服用することで起こる好転反応は、軽度な口内の乾燥や鼻炎、関節痛があります。

いずれも軽度の好転反応として症状が出ますが、体質や服用量によっては症状も異なる場合がありますので、悪化するようであれば、医師に相談するようにしてくだい。

いずれも服用することでの、好転反応として起こる症状にはなりますが、これまでの使用例では命に係わることは特にないようですし、実際に服用された方たちからは効能の良さも寄せられており、危険性についても安全に使用すれば特に大きな問題はないです。

しかし、どんな薬でも使用法を一歩間違うことで命に関わってきますので、これからご紹介する使用方法や注意点は必ず守るようにしてください。



ブプロンSRを服用する際の注意点をよく守り、禁煙を行おう

ブプロンSRは期間によって服用する頻度やタイミング、方法は異なってきます。

まず、1日目~3日目の場合、早朝に1日、1錠を水またはぬるま湯で服用するようにします。

4日目~90日の場合は、朝と晩に1錠ずつ服用するようにしてください。

また、服用する間隔は8時間ほど開け、服用する期間としては3か月です。

継続して服用するようにし、もし飲み忘れた場合は8時間の間隔は守り、飲み忘れに気づいた際に服用してください。

上記で、ブプロンSRを服用の際の好転反応についてご紹介しましたが、睡眠に影響を与えますので、就寝前に服用してはいけません。

ブプロンSRを服用する際は以下に気を付け、該当する方は注意するようにしましょう。


・妊娠中または妊娠の可能性のある方、授乳中の方はブプロンSRを服用する際、必ず事前に医師に相談するようにしてください。

・ブプロンSRまたは関連する成分を有するものでアレルギー反応のある方は、服用前に必ず医師に相談するようにしてください。

・過食症、拒食症の方は服用しないようにしてください。


これら以外にも服用に心配のある方は事前に医師に相談をするようにし、保管する際は高温多湿な場所を避け、涼しい場所で保管するようにしてください。



禁煙するためにブプロンSRを使用した体験者の声をご紹介


お薬なびさん(54歳)

タバコをやめるのは一生無理と半ば諦めていたところ、ある時ブプロンSRという製品を知りました。

服用後、いくらかの好転反応はありましたが、その後きっぱりとたばこを辞めることができました。

たばこ自体が嫌いになります!



反スモーカーさん(35歳)

禁煙にこれまで何度も挑戦しましたが、いつも途中で挫折してしまっていました。

しかし、ブプロンSRでいつもすぐにイライラしていた気持ちが落ち着き、気づいたらいつの間にかたばこを吸わなくなっていました。



〇ボーロ大嫌いさん(42歳)

健康に不安を感じ、禁煙するためブプロンSRを購入。

服用後、毎日あんなに吸っていたたばこを全く吸わなくても平気になっているなんて信じられません。

ブプロンSRのおかげで今がすごく快適です!



まとめ


「これまで禁煙をしたいけど、なかなかたばこを辞めることができない。」

そんな悩みを抱えた方も多いことでしょう。

また、たばこの値段もどんどんと上がってきていますし、飲食店での喫煙禁止店も増え、喫煙者にとっては肩身が狭くなる時代になってきました。

そして何より、自身の健康が一番大事。

それは自分だけの問題でなく、病気になってしまうことで家族にも迷惑がかかってしまう。

命に関わるだけでなく、治療費など金銭的なコストかかってしまう。

だからこそ、早めにたばこから脱却したいと思うことでしょう。

本記事ではそんな本気で禁煙をしたいあなたへ、禁煙補助薬であるブプロンSRについて、好転反応を中心とした内容でお届けしました。

冒頭でもお伝えした通り、本製品は日本では認可が下りていないため、合法的に個人輸入として入手することが最適な方法です。

安価な値段だけでなく、早期のお届けも可能となっておりますので、お買い求めの際はぜひ「三越屋」をご利用ください。

本記事を通して一人でも多くの禁煙にお役に立てれば幸いです。

もっと読む