健康ひろば

勃起は平均、どのくらい維持できるのか?

勃起は平均、どのくらい維持できるのか?

勃起を維持できる平均時間について

勃起は数分から30分程度続くことがあります。平均的に男性はひと晩の睡眠中に5回程度勃起し、それぞれ2530分程度続くといわれています。
ということは、毎回の勃起が長く続くということでしょうか?実は毎回ではなかったのです。

カマグラゴールド100mg




勃起とは?

カマグラゴールド100mgで勃起時間を改善


勃起とは、男性の性的興奮の最も顕著な兆候だと言えます。これは身体の科学反応に対する物理的な反応です。 性的興奮の間、ペニスの小さな血管が拡張します。海綿体としてしられている3本の管が血液で満たされて、勃起が起こります。射精後や性的興奮がなくなった際、血液がなくなるため、ペニスは元の弛緩した大きさに戻ります。
勃起はとても複雑なものであり、あなたの心臓、肺、神経、血管、ホルモン、そしてその時の雰囲気さえも関連してくるものです。体調が優れている時は、勃起したペニスには弛緩した時と比較して、血流が最大8倍にものぼる場合があります(ヴァン・ドレイル 2015年)。ただし、この状態からどれかひとつでも欠けた場合、ED(勃起不全)を引き起こしてしまうことになります。
 
勃起持続時間は、年齢や健康状態、性行為などによって変わる
勃起3種類
勃起が思ったように続かない場合はED(勃起不全)の可能性があります。 医療提供者と相談しましょう。



勃起はどのくらい続くのか?
勃起は、数分から30分程度続きます。平均的に、男性はひと晩の睡眠中に5回程度勃起し、それぞれ2530分程度続くといわれています(NHS 2018)。ということは、毎回の勃起が長く続くということでしょうか?実は毎回ではありません。
 
実際に何千人もの男性に、自然発生した勃起が平均してどのくらい続くのかを秒単位まで把握しようとした研究はないので、漠然ですが、その持続範囲を説明します。勃起の持続には様々な要因があるので、実際に行うには大変難しい研究なのです。
 
勃起持続時間は下記条件にもよります。
年齢
健康状態
覚醒レベル
性的行為-自慰行為をしているか、性交をしているか(それも短距離か長距離かによる)。
精神状態-例えば仕事のプレゼン中に失敗をしないよう気を遣うだけで興奮するのなら、勃起が長く続く可能性がある。
 
勃起が長く続く場合の上限というものもわかっています。
それは、勃起持続症と呼ばれる状態で、勃起4時間以上続く場合は、永久的損傷を避けるために、医師の診察を受けてください。これは恐らく「通常の勃起はどのくらい続きますか?」という質問に対する最適な回答だと思います。もし、勃起が長続きせず心配な場合は、ぜひこのコラムの続気を読んでみてください。



勃起の異なるタイプ
勃起には異なる3つのタイプがあります。
「反射性勃起」は、性的なことを考えなくても、自然に起こります。
「心因性勃起」は、性的刺激、記憶、または空想に反応して起こります(スキミッド 2004年)。
「夜行性勃起」は、睡眠中に起こります。



勃起、または勃起持続の問題
勃起が困難な場合、勃起の硬直度合いがない場合、または性行為を行うのに満足な長さがない場合は、勃起不全(ED)の可能性があります。
ED勃起不全)は非常に一般的なもので、3000万人以上のアメリカ人男性が何等かの形でEDの経験があると推定されています。


EDの症状のセルフチェック

EDのセルフチェックで一時的な勃起力低下なのか、実は既にEDとして問題がはっせいしているのか確認してみて下さい。

参考サイト:ED(勃起不全)診断・症状チェック

このご自身でのED判定は「IIEF(国際勃起機能スコア)」を基準で病院でも使われています。

わざわざ通院をしたくても良いですね。
 

どうしたらより良い勃起ができるか
ED治療薬
EDの経口薬は安全かつ効果的です。シルデナフィル(ブランド名バイアグラ)タダラフィル(ブランド名シアリス)バルデナフィル(ブランド名レビトラまたはスタキシン)を含むいくつかは利用可能なお薬です。
 
前戯
あなたの頭に性行為のことがないか、ムードが十分でないために、勃起に何か問題がある可能性があります。ストレスを感じたり、気を散らしてしまったりすると、勃起自体の質にも影響を与える可能性があります。動作をゆっくりにして、前戯により時間を費やすと、役立つかもしれません。
 
ライフスタイルを変える
あなたが健康な時の勃起がベストなものです。定期的な運動や健康的な食事など、簡単にライフスタイルを変えてみるだけで、ED(勃起不全)を改善できる可能性もあります。
 
禁酒・禁煙
飲酒及びタバコ(喫煙)などは、明らかにあなたの勃起の質に影響すると考えられています。がぶ飲みや飲み過ぎは必ずウィスキー・ディック(柔らかいペニス)になり得るのです。
喫煙は、血管にもEDにも影響していますので、飲酒は適度に、タバコは完全に禁煙するのが最良の策だと思われます。
 
パートナーとのオープンなコミュニケーションをとる
あなたの性的嗜好や思考などについて、パートナーとオープンに話をすることで、より快適なセックスができ、パートナーとも健康的な関係が長く保てるでしょう。寝室に喧嘩、言い合いは持ち込まないこと。人間関係の問題は必ずED勃起不全)に関係してきます。
ED(勃起不全)を経験または、そうだと思われるかたは、医療提供者に相談してみてください。あなたに最適な解決策をきっと一緒に見つけてくれるはずです。決してひとりで判断せず、抱え込まないでください。










もっと読む