健康ひろば

亜鉛のハゲの関係と薄毛治療に重要なのはやはり!

亜鉛のハゲの関係と薄毛治療に重要なのはやはり!

髪の毛の健康には頭皮の状態が寛容しており、元気な頭皮(毛根)から健康な毛髪が生えてきます。

しかしながら、艶(つや)のある髪の毛と、フサフサだがボサボサで枝毛ばかりの髪の毛というのも存在するでしょう。

頭髪も新陳代謝により自然に抜けては、生えてが繰り返されます。このサイクルが正常であれば「健康的な髪」が手に入るはずです。

そこで、手軽に入手できるのが通販やドラッグストアーでも手軽に入手可能は亜鉛ではないでしょうか。

頭髪によいとされ、しかも男性には勃起維持、健康な精液にもよいとの噂のサプリメントだから毎日たくさん飲んでませんか?!

亜鉛不足はハゲの進行を促す?!

通販サイトのAmazonや楽天などでも人気の亜鉛の秘密とは以下のように言われています。

1.亜鉛ハゲに良い

  ・亜鉛が不足すると抜け毛が増える

2.勃起力改善に効果

  ・亜鉛は米国ではセックス・ミネラル”と呼ばれ男性ホルモンのテストステロンの低下を予防するとも言われています。

3.妊活・精子が大量に出せる

   亜鉛は性ホルモンや精子の合成に深く関与しちえると言われています。

上記のように亜鉛の噂はありますが、亜鉛不足に陥ると、代表的なのは、ED(勃起不全)、成長障害、皮膚や爪の異常、免疫力の低下、味覚障害と言われております。

しかしならば、医学的に一般的に言われているのは、亜鉛が不足すると、免疫力が低下して皮膚炎・感染症のリスクが高まるなどが説明になります。
もちろん、皮膚として、頭皮の健康が損なわれれば頭髪に影響がありハゲが進行するかもしれません。

しかしながら、健康面としての亜鉛不足は、厚労省の指針でも通常の食事をしていれば問題視する事は無いとも言われていはおります。

髪の毛を作る栄養素には亜鉛が必要なのでしょうが、少し食生活に注意をすれば亜鉛不足は回避できるようです。

日ごろからインスタント食品ばかり選択をしていると、亜鉛不足が原因でなくてもハゲが進行するのかもしれません。

亜鉛とハゲを紐づける明確な根拠は見つかっていない

実は亜鉛不足でハゲが進行するというのは明確な根拠やデータは無いようです。サプリメント会社の広告のような情報から亜鉛不足がハゲ要因の一つとされているようです。

一時期、アフィリエイト広告も多かったですから、亜鉛を販売するために沢山情報が作られたのかもしれません。

もちろん、極端に亜鉛不足により成長障害や皮膚に影響があれば、頭皮の毛髪にも影響がありハゲが進行するという論理なのでしょうが、これは亜鉛に限った事ではなく、極端なダイエットをすれば髪の毛が抜ける事も知られています。

これらのサプリメントや薄毛に関わるビジネス組織と相反するので、「根拠が無い」「効果が無い」と述べるのは難しいかと思います。
これらの業界を的に回してしまうわけですが、「板見智」という皮膚科医の先生で、前大阪大学大学院教授、大分大学客員教授、日本臨床毛髪学会顧問は、薄毛に効果があるのはフィナステリドミノキシジルと見解を示しています。
これは、以前から皮膚科学会においても、同様の試験結果を述べているのですから、当然の結果ですね。

そうなんです、繰り返しますが亜鉛は一部の野菜(シユウ酸)は亜鉛の吸収を阻害するとも言われていますが、普通に食事をしていれば欠乏する事はありませんし、極端な欠乏をしない限り、頭髪には影響がないはずです。そして、亜鉛を大量に接種したからといって、髪の毛の成長を助けるというデータもありません。

髪の毛にはケラチン

髪の毛の主要素は「ケラチン」というタンパク質の一種です。その髪の毛の元の「ケラチン」の生成には亜鉛が必要となっています。 

ケラチンとは、髪の毛だけでなく爪や皮膚の角質層を形成する成分で18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質です。ケラチンは弾力性があり、水分を含む繊維状の細長いタンパク質となっています。
構成しているアミノ酸の割合によっては、髪や爪の硬ケラチン、皮膚の角質層の軟ケラチンに分けられます。また、ケラチンは絹や繊維など他のタンパク質にはほとんど含まれていない、シスチンと言う成分を約14~18%も含んでいることが特徴です。

つまり、亜鉛が不足する事によって髪の毛に異常をきたす可能はあります。

ですが、それでも亜鉛不足で抜け毛が増えるなどの根拠はありません。

ハゲ治療に亜鉛は何グラム必要?

1日に必要な亜鉛量としては、(厚生労働省)によると、推奨される1日の亜鉛摂取量は、成人男性で10mg、成人女性で8mg(妊婦は+2mg、授乳婦は+3mg)です。

ハゲ治療に必要な亜鉛量ではなく、身体が健康的に維持できるために必要な量が8㎎~10mgですね。

繰り返しますが、貴方が「ビーガン」や「ベジタリアン」でなく、貧しくない食生活を送る事ができていれば、萬世的な亜鉛不足に陥る事はありません。

これらはYoutubeなどでビーガンの本当の映像を見て頂ければ、どのような状態が「慢性的な亜鉛不足」なのかは見て分かるかと思います。

亜鉛は取り過ぎでハゲる理由

亜鉛は髪の毛には必要な栄養素がありますが、過剰摂取により健康被害が報告されています。

しかしながら、亜鉛の過剰摂取による副作用としての脱毛等のハゲの要因として書かれている論文やデータはありませんでした。

亜鉛の取り過ぎによる副作用は、「銅の吸収阻害による銅欠乏、吐き気、嘔吐腎障害、免疫障害、上腹部痛、消化管過敏症、HDLコレステロールの低下、低銅血症、下痢など」が報告されています。

これらの健康被害は間接的にハゲる可能性もあるのでしょうから、強引に亜鉛とハゲ(抜け毛)を結び付けているのでしょう。

注意する点としては、亜鉛サプリの取り過ぎると上記のようは副作用がある可能性があるという事です。

もちろん、亜鉛の含有量が多い牡蠣(カキ)などを大量に食べれば、副作用が発生し、不健康となりハゲが進行する事もあり得るという事です。

ハゲはAGA(男性型脱毛症)ならばフィンペシアで治療が出来ます。


亜鉛の不足により脱毛が発生すかもしれません。そして、一時的に脱毛が増加する事もあるでしょう。

ですが、普通の食生活を送っていれば、亜鉛不足によるハゲる頭皮環境にならない事は分かっています。

亜鉛の人気メーカはは「DHC」「Asahi」「大塚製薬」「小林製薬」あたりでしょうが、どのサプリ会社のホームページを見ても「髪が生えます!」とは書かれていません。薬事法上の理由により書くことが出来ません。例としては「男性のみなぎる元気」「活力のある毎日を送りたい方に」「栄養補助食品」などとしか書かれてません。

*もし、本当に効果があるのでしたら、医薬品として効能を記載して販売する事ができます。

多少の喫煙や運動不足も、そこまでのハゲを作り出す事はありませんが、あなたのハゲの原因がAGA(男性型脱毛症)ならば、それは異なる原因です。

AGA(男性型脱毛症)は髪の毛が抜ける原因「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが抜け毛の原因です。これは、医学的に明確に分かっているAGAハゲの原因です。

そこ医療現場でのAGAハゲの治療には「フィンペシア」などのフィナステリドという医薬成分で、この「ジヒドロテストステロン」を抑制し、髪の毛を抜けるのが予防されます。

当店では同成分の医薬品を多数とりあつかっております。「抜け毛防止(フィナステリド or デュタステリド)」「発毛・育毛(ミノキシジル)」によって治療方法が違ってきます。

医学の観点からも、「フィンペシア」の成分は1997年に米国FDAでも認可されている抜け毛を防止する歴史と実績がある医薬品です。(サプリメントではありません。)

このように抜けがの原因を抑える事ができれば、亜鉛の不足がないようにし健康的な髪の毛が再生できるのです。


健康維持には亜鉛は重要ですが日ごろから正しい食生活を送っていれば、極端に亜鉛不足に陥る事はありません。


もっと読む