健康ひろば

フィンペシアは本当に大丈夫なの!?飲む前に知っておきたい3つのこと

フィンペシアは本当に大丈夫なの!?飲む前に知っておきたい3つのこと

世の男性が一度は悩むであろう、薄毛や抜け毛(AGA)。

若い方でも早いうちからAGAになることもありますが、多くが年をとるとともに発症します。

「人前に出るのが恥ずかしくなって自分に自信がモテない」、「異性へのアプローチでいつも失敗する」

「子供から頭皮について指摘される」など、AGAに関する悩みの要因としては様々です。

そこで本記事では薄毛や抜け毛といったAGAに関して、原因や対策をご紹介し、その治療薬である「フィンペシア」についても触れていきたいと思います。

特にこれからAGAに対する治療を始めていきたいと考えている男性にとって重要である、治療薬に関することやそのコストやメリットについてもできるだけ、わかりやすく示していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

もちろん、医薬品のところに関しましては服用の際の注意点や副作用など気を付けるべきことがありますのでシンプルに大きく3つ覚えておきましょう。


AGAになる男性の特徴


そもそもAGAとは薄毛や抜け毛など男性型脱毛症と呼ばれています。

頭髪がだんだんと薄くなっていく進行型の脱毛症になります。

また年齢を重ねるにつれ、誰でもその発症率は高くなるのですが、20代前半からでも発症してしまうこともあります。

人によるところも大きいですが、比較的一般男性の方全員が将来何かしらのAGAになることは間違いないでしょう。


男性ホルモンの仕組みによってAGAが決まる!?


AGAになる原因の一つとして、よく男性ホルモンの影響によるものが大きいという話を聞いたことがある人はいるかもしれません。

結論から言うと、AGAに関しては男性ホルモンのバランスの影響が主な原因の一つになります。

では、その男性ホルモンについてのメカニズムはどうなっているのでしょうか。

詳しくは別の専門書などの解説にかかれていると思いますので、本記事では基本的なものについての記載にとどめたいと思います。


男性ホルモン3つ


まず男性ホルモンには3つのホルモンを紹介します。

・テストステロン

・ジヒドロテストステロン

・デヒドロエピアンドロステロン


これら3つの中でAGAに強く結びついているのが「ジヒドロテストステロン」になります。

髪は毛母細胞の分裂によって成長しますが、ジヒドロテストステロンによって主に発毛への悪影響があると言われています。

男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが薄毛や抜け毛といったAGAを引き起こしてしまうのです。

ジヒドロテストステロンが多く作られるとともにAGAの進行が進んでいきます。


ジヒドロテストステロンを抑える対策


ジヒドロテストステロンの量をコントロールするためにはテストステロンの量をコントロールしなければならないと言われています。

コントロールするためには、3つの生活習慣を見直すことです。



①適度な運動

適度な運動、ストレッチや軽い筋トレはテストステロンを分泌させます。

またストレスの発散にもなり、効果は上がります。


②十分な睡眠

睡眠不足はテストステロンの分泌量を低下させてしまいます。

睡眠の量と質をしっかり管理し睡眠不足に陥らないようにしましょう。



③バランスの取れた食事

きちんと栄養管理のとれた食事をとることで、髪に栄養を届けることができるようになります。

特にコレステロールとビタミンDによって体内で男性ホルモンを作り出すので、バランスよく摂取するようにしましょう。

ここで気を付けておくべきことが過剰にコレステロールを摂取すると心筋梗塞や脳出血などを引き起こす可能性があることです。

主な食材としてはきのこ類、魚介類、卵類、乳類になります。


AGA対策にはフィンペシア


これまでAGAが生じる原因や対策を記載してきましたが、これらは日頃からの生活習慣による予防策の面が強いですが、中にはすでに抜け毛や薄毛などのAGAが進行してしまっており、今すぐに何とかしたいという方もいると思います。

そんな時こそ、AGA治療薬として多くの方が使用している「フィンペシア」という医薬品です。


AGA(薄毛)治療であるフィンペシアとは!?


AGA治療薬であるフィンペシアはイプロペシアという医薬品のジェネリック医薬品になります。

このジェネリック医薬品はインド大手製薬会社であるシプラが製造しています。

主に抜け毛や薄毛などの男性型・脱毛症に効果があり、AGA発症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。

服用する前にフィンペシアについて3つのことを留意すべき必要がありますのでしっかりと確認しましょう。


①用法と用量について

フィンペシアは通常1日1錠を継続的に服用するようにすることで、AGAの効果は上昇していきます。

限度としては1日1錠なので、飲み忘れた分を追加して一気に2錠飲んではいけないので注意してください。

フィンペシアは体内の胃や腸で溶け吸収される時間なども正しく効果を発揮させるためにも錠剤を割って飲まないようにしてください。

また、安定した血中濃度を保つために可能な限り毎日同じ時間帯に飲むようにします。



②フィンペシアを服用する際の注意事項

フィンペシアを服用する際には20歳未満の方や女性の方は服用しないようにしてください。

妊娠している方、妊娠の可能性がある方でも皮膚から吸収される恐れがあるため、薬に触れないようにしてください。

効果が出るのに約6か月程度かかるとされているので、繰り返しになりますが、継続して服用するようにしてください。

また、PSAと呼ばれる前立腺がんの検査時のチェックする数値に影響が出るために、前立腺がんの検査を受ける際は必ず担当医には普段、フィンペシアを服用しているということを伝えるようにしましょう。



③副作用について

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であるため、副作用としては共通なものがあります。

気を付けるべき副作用としては下記の通りになります。

そう痒症、蕁麻疹、発疹。

またフィンペシアは他の AGA治療薬と同様に男性ホルモンのテストステロンの働きを抑制するために、勃起不全、リビドー減退、

射精障害などが発生することもあります。しかし、これらは一時的なものであり、副作用の効果は次第に弱まっていくとされています。


まとめ


AGAは多くの男性の大きな悩みの一つです。あなただけでなく誰でも、いずれなる症状です。

本記事ではそんなAGAについての原因や対策などについて、またすぐにでも治療を始め、抜け毛や薄毛といった男性型脱毛症を防ぎたい方のために「フィンペシア」というAGA治療薬についてご紹介しました。

最後に購入方法について、フィンペシアはクリニックでも治療が可能ですが、その治療費は継続することで莫大なものになります。

月に1万の費用がかかるとして、どんどん年を重ねるごとに費用がかかっていきます。

ネット通販であれば手間なく治療費に関しても仮に30年治療を続けるとすれば、トータル300万以上のコストカットになります。

この通販による購入メリットは大きいですし、あまり人に知られたくないセンシティブな問題でもあります。

是非、この機会に一度、個人輸入代行である三越屋のご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。


もっと読む