健康ひろば

シルダルードで肩こりや腰痛を緩和できる? その効能やメリット、肩こり腰痛の原因をご紹介

シルダルードで肩こりや腰痛を緩和できる? その効能やメリット、肩こり腰痛の原因をご紹介

日ごろから、肩こりや腰痛に悩まされているという方は多いのではないでしょうか。
日本人のほとんどが経験したことがあるといわれる肩こりや腰痛は、時に生活に支障がでるほど悪化する方もいます。
そこで今回は、辛い肩こりや腰痛の対処法として「シルダルード
をご紹介します。


シルダルードは、肩こりや腰痛に効果が期待できる医薬品であり、対処療法として用いられます。
そこで、この記事ではシルダルードの効能やメリット、副作用についても触れていきます。
シルダルードをご紹介する上で、肩こりや腰痛の原因やひどくなりやすい時期を知ることが大切です。そちらも合わせて解説していくので、肩こりや腰痛に悩まされている方は改善策が見つかるはずです。
ぜひ参考にしてください。


<目次>
1.肩こり・腰痛の原因とひどくなりやすい時期とは?
2.肩こりや腰痛の予防法とは?
3.筋肉のコリ・痛みに効果的な「シルダルード」
4.あえてシルダルードを選ぶメリットとは?
5.個人輸入代行サービスは輸入の知識がなくても大丈夫!
6.まとめ




1.肩こり・腰痛の原因とひどくなりやすい時期とは?
肩こりや腰痛の原因は、病気やケガなどさまざまです。ヘルニアなど場合によっては、手術でしか改善されないこともあります。
ここで解説する内容としては、病気やケガによるものではない肩こりや腰痛の原因や、痛みがひどくなりやすい時期について触れていきます。



<肩こり・腰痛の原因は血行不良の可能性がある>
肩こりや腰痛の原因として多いのが、「血行不良」です。
体の体液の流れがスムーズではないと、体中に老廃物がたまりやすくなります。
特に、血行不良によりリンパ液や血液など体液の循環が悪くなると、不要な老廃物がとどまってしまいます。
その結果、たまった老廃物は新しい細胞の生まれ変わりを妨げてしまい、全身のコリを引き起こしやすくなるのです。



<血行不良が原因だと冬に痛みを感じやすい>
冬になると、余計に肩こりや腰に痛みを感じるという方も多いのではないでしょうか。
「夏はそこまで悩まないのに、冬になると辛くなる」「冷えを感じると腰や肩が重く感じる」といった方は、冬の冷えによる血行不良が考えられます。
体は、冷えを感じると筋肉が収縮し熱を逃がさないようにします。冬の寒さに触れたときに、体に力を入れ縮こまらせた方が暖かく感じるのはそのためです。
しかし、収縮させたことで筋肉の間を通る血管がぎゅっと締め付けられてしまうため、血行不良を起こしやすくなります。
特に日ごろから肩こり・腰痛を感じている方は、さらに血行不良を招いてしまうため、冬にコリや痛みがひどくなるという方が多いのです。




2.肩こりや腰痛の予防法とは?
血行不良により肩こりや腰痛を引き起こしている場合は、血液などを循環させるよう意識しましょう。
まずは、冷えにより縮こまってしまった筋肉を温めて、ゆるませる必要があります。
そのためには、体を冷やさないよう体温調節に気を付ける、血流を妨げないよう軽い服を選ぶ、同じ体制を取り続けないといった行動が大切です。
また、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を意識して飲むなど、内臓から温めることを意識してください。特に痛みやコリを感じる場合は、入浴やホットタオルなどをあてて直接温めるといいでしょう。
慢性的にコリや痛みを感じる方は、ストレッチや軽い運動など筋肉を使って血行を促進させるようにすると、改善されることも多いです。



3.筋肉のコリ・痛みに効果的な「シルダルード」

「血流の改善を心掛けても、コリや痛みが変わらない」
「辛くてすぐになんとかしたい」
といった方は、「シルダルード」を試してみてはいかがでしょうか。
シルダルードは、日本では整形外科などで腰痛への対処として処方されることも多い「テルネリン」と同じような効能を持つ海外製の医薬品です。
そこで、シルダルードの効能や副作用について解説していきます。



<シルダルードに期待できる効能>
シルダルードには、テルネリンにも含まれる「チザニジン」という成分が入っています。
チザニジンには、筋肉の収縮を和らげる筋弛緩剤です。
血行不良により肩こりや腰痛を引き起こしている場合、シルダルードにより筋肉を弛緩させることで、血行が改善され症状の緩和も期待できます。



<シルダルードの副作用>
どの医薬品にも副作用はあります。シルダルードも医薬品なので、副作用を十分理解した上で使用することが大切です。
シルダルードの主な副作用として以下のようなものがあります。
血圧低下
眠気
口渇
倦怠感
めまい
ふらつき
これらはテルネリンにも同様に見られる副作用です。
海外製に限らず日本の医薬品も含め、どのような薬でも副作用が出る可能性があります。何か異変を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けることが大切です。




4.あえてシルダルードを選ぶメリットとは?
テルネリンのように、日本でも肩こりや腰痛への効果が期待できる医薬品はあります。その中でもあえて「シルダルード」を服用するメリットは、「低コスト」と「手軽さにあります。
シルダルードは海外製の医薬品です。日本で発売されていない薬ということもあり、服用に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。
「日本で服用されているテルネリンの方がいいのでは?」と思うかも知れませんが、テルネリンは医師の処方があって初めて服用できる処方箋医薬品です。
服用するには、病院で診察を受け処方箋を出してもらい薬局で受け取らなくてはいけません。
費用として病院代がかかることはもちろん、時間や手間もかかります。場合によっては、検査などによって病院代が高額になることもあります。


しかし、テルネリンと同じ効能を持つシルダルードは、薬代と海外輸送量のみであり、自宅から簡単に注文が可能です。
病院に行く時間も手間もかからず手元に届くため、「病院に行く時間がない」「できるだけ費用をかけたくない」という方にもメリットが大きいのではないでしょうか。
ただ、シルダルードは海外の医薬品であり日本では発売されていないため、輸入するしかありません。
個人輸入に抵抗を感じる方は、個人輸入代行サービスを利用してはいかがでしょうか。




5.個人輸入代行サービスは輸入の知識がなくても大丈夫!
個人輸入代行サービスは、輸入したい商品の購入から自宅への到着まですべて業者に任せることができますサービスです。
日本のネットショッピングと同様に利用できるため、商品を購入した後は自宅で到着を待つだけです。
個人輸入代行サービスでは、海外発送のデメリットともいえる商品の未着といったトラブルにもすべて対応しています。
特に外国語や輸入の知識がなくても海外の商品を購入できるので、個人輸入に抵抗を感じる方はぜひ利用してください。




6.まとめ
肩こり・腰痛は、血行不良が原因である場合も多いです。
運動や食生活の改善など血行改善を心掛けてもコリや痛みがある場合は、シルダルードの服用を検討してみてはいかがでしょうか。
シルダルードは、筋弛緩剤でテルネリンと同じ効能を持つ医薬品です。コリ固まった筋肉を和らげることで、血行が良くなり、肩こり・腰痛といったつらい症状の緩和が期待できます。
しかし、シルダルードは日本ではまだ販売されていないため、入手するには個人輸入をする必要があります。
もし輸入に不安を感じる場合は、個人輸入代行サービスを利用する方法もあります。
肩こり・腰痛の改善のために、シルダルードを検討してみてください。

もっと読む