健康ひろば

ほっておいたら、とんでもないことになる!?糖尿病の本当の恐ろしさ

ほっておいたら、とんでもないことになる!?糖尿病の本当の恐ろしさ

新型コロナウイルスの影響により、今では多くの人が室内で過ごす時間が増えました。

それは家族と過ごす時間が増えた、一人の時間が増えた、無理な人付き合いをする必要性がなくなったなど、人によっては過ごし方に関してポジティブな面もあったことでしょう。

しかし、すべてがポジティブというわけでもなく、逆に外出する時間が減ったということに対するリスクも当然存在します。

運動不足や不規則な食生活等で引き起こす代表的な生活習慣病、「糖尿病」です。

糖尿病は誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

現代では飽食の時代と言われるくらい食糧では供給過剰状態となっており、過剰な糖分摂取などで多くの人が糖尿病を患っています。

それによって今では健康意識も高まり、食事を気にする人、運動する人も増えてきていますが、まだまだ自分は若いし大丈夫だろうとあまり気しない人がいるのもまた事実です。

本記事ではそんな糖尿病に関しての知識をつけ、今後どういった過ごし方、食生活を見直さなければいけないのか、また予防だけでなく、もし糖尿病になったらどのようにすればいいのかという糖尿病大全ともいえる内容でお届けいたしますので読んだ後にはあなたの糖尿病もしくは生活習慣に対する不安は解決されるでしょう。



1. そもそも糖尿病とはどんな病気なの!?

「糖尿病」と聞いて、あなたはパッと答えられたでしょうか?

「甘いものをとりすぎて肥満になることでしょう?」「運動不足からくる身体の異変、要は生活習慣病でしょ?」

など、糖尿病という病名は聞いたことがあっても一体、それはどんな病気で何が危険なのかよくわからない。

曖昧にしかどんな病気なのかということが分からない。

このように現代では多くの方が患っている病気ですが、意外ときちんと理解していない方が多いのではないでしょうか。

こういった現状においても、糖尿病という病気が増え続ける一因になっている理由で、まずはきちんと個人が理解し糖尿病に対する危機意識を強く持ち、生活することがなによりも大事になってくることをまずは頭に入れてください。

まず糖尿病とは大きく2つのタイプに分けられるのです。

え?どういうことって思いますよね?

そう、糖尿病は発症要因から1型、2型とそれぞれ分けられるのです。

これらのタイプを理解することで予防や注意点、その後の対策なども変わってくるのでまずはそれぞれのタイプを理解していきましょう。

その前にこれからよく出る言葉として「インスリン」という言葉があるので、インスリンを覚えてください。

医学を学ぶ上では切っても切れない言葉になります。

インスリンとは血糖を下げる働きのあるホルモンのことを言います。

「血糖値」という言葉を聞いたことがありますね?

血液中のグルコースという濃度を血糖値といいます。

人は生きていくうえで食事をし、その中にはご飯やパン、あるいは麺といった炭水化物が含まれます。

この炭水化物にある糖分が体内で吸収され血液中に入ることで日々私たちのエネルギーの元になっているのです。

この濃度が血糖値というわけなんですね。

そしてこの血糖値を下げるためのインスリンが欠乏することで引き起こされるのが1型の糖尿病と言われるのです。

では具体的に1型糖尿病とは2型と何が違うのかということを見ていきたいと思います。

インスリンは主にすい臓から作られるのですが、このすい臓が何らかの障害を起こし細胞が破壊されるとイオンスリンを

全く作ることができなくるのです。

つまりはインスリンの欠乏により身体の運動エネルギーに必要な血糖値のバランスが崩れ、身体に悪影響を与えるのです。

主にみられる症状としては、急激な体重減少、疲れが普段よりひどくなったり、頻尿などがあります。

2型の糖尿病に関しては1型と同じくインスリンの分泌量が十分ではなかったり、作られたインスリンが十分に作用されないことがあげられます。

2型糖尿病のほうが1型よりも多く、若い人でも発症することもありますが、40歳以上からの発症のほうが多いようです。



2. 原因について

1型糖尿病ではインスリンが作られるすい臓の細胞が破壊されることにより、インスリン分泌の障害が引き起こされるのですが、

その細胞が破壊される原因は今のところ詳しくはわかっていないのが現状です。

しかし免疫の低下により何らかのウイルスが体内に入ることで引き起こされてしまうので、自己免疫力の低下が1型糖尿病を引き起こす

要因としては高いでしょう。

2型糖尿病になる最大原因は高脂肪食などの過剰な摂取や運動不足による生活習慣の乱れによって引き起こされます。

肝臓や筋肉に脂肪がたまることで、インスリンの働きが低下し、反対に血糖値が上昇してしまい発症するのです。

さらに高血糖の状態をそのまま放置してしまうと糖尿病がより悪化してしまうので、早急な対応が必要です。



3. 糖尿病によって命を落とす危険もある

簡単に糖尿病による症状を記載しましたが、さらに糖病が進行するとどうなるのか、危機意識が薄い現状では発症してからの

問題にもきちんと向き合わなければなりません。

再度、症状をまとめると・・・

疲労感

皮膚が乾燥してかゆい

手や足などの感覚が鈍り、チクチクとした痛みがでる

頻尿

目がかすむ

などがあげられます。

しかし糖尿病を放置すると、こういった初期症状に加えて、血糖値の上昇とともに血管が痛み、腎障害、神経障害、皮膚障害、白内障、網膜症、脳梗塞、心筋梗塞、狂心症などの合併症が起こりやすくなるとされています。

網膜症による失明し生活に大きな支障をきたすだけでなく、命を落とす危険も十分にあります。

実際日本糖尿病学会の調査によれば、糖尿病による死亡数は年間1万3,669人という記録があります。

決して放置せず、早急な対応が求められることは言うまでもないでしょうし、事前対策もしっかりと行う必要があるのです。



4. 対策について

ではこのような危険な糖尿病にならないために、どうすればいいのでしょうか。

これまで、原因や症状などを述べてきたので、ある程度想像できるとは思いますが、やはり重要となってくるのは普段の生活習慣、食生活を見直すことが言えます。

やるべきことに加え、やめるべきこともこれから紹介していきましょう。

まずは食生活です。

タンパク質、糖質、脂質など栄養バランスのとれた食事を取り入れるべきです。

そして、お菓子やジュースなどの糖分たっぷりなものは控えなければなりませんし、アルコールのとりすぎもやめましょう。

また、一度に大量な食事をとる、いわゆるドカ食いも血糖が高くなるので、してはいけません。

具体的な食べ物についてはいろんな書籍にありますので、ここでは簡単に。

果物をしっかりとること、白米ではなく玄米。

牛や豚などの赤肉よりも白肉である鶏肉を。

揚げ物や炒め物よりもゆでもの、蒸し物を。

野菜や魚もしっかりとること。

そしてやはり、運動も重要になってきます。

特に年齢とともに代謝も落ちてくるので、運動不足は危険です。

ウォーキングやジョギング、また、エスカレータなどを使わず階段を使ったりと、細かいところにも工夫をしていくことで運動する時間がない方もちょっとした運動はできるはずです。

ストレスをためたり煙草を吸うこともインスリンの働きに悪影響を及ぼすので、この機会に見直しをしてみることをお勧めします。



5. ジャヌビアで糖尿病を解決

これまで述べてきた、食生活や運動でも糖尿病による予防はできますが、シャヌビアという医薬品を使うことでインスリンの分泌障害を防ぎ、血糖値を下げることで糖尿病の数値を強制的に下げることが可能となります。

ジャヌビアとは米国に本社がある大手製薬会社になり、日本の千代田にも合同会社として設立されています。

大手ならではのブランドがあり、安心して使用することができます。

使用法については、成人の方は50mgを食前または食後に1日1回服用します。

時間帯には特に制限はありませんが、安定的な濃度を保つために、毎日同じ時間での服用をお勧めします。

1日の最高服用量は100mgです。

また、使用上の注意点として、以前に発疹などのアレルギー症状や他の病気にかかっていたり、手術前後の方などは一度医師に相談をするようにしてください。

そして、個人輸入代行サービス三越屋ならではの低価格とスピード配達を実現できます。

もし、糖尿病によって何かしらの問題を抱えている方がいらっしゃれば、ぜひ一度ご検討いただければと思います。



6. 最後に

これまで糖尿病について記載してきましたが、この記事をみて、まだ発症したことがない方は決してこれは他人事ではないということを心にとどめておいていただければと思います。

糖尿病については冒頭にも説明した通り、今では多くの人が患い、悩まされている病気です。

一人でも多くの人が本記事を通し糖尿病の悩みから解放され、生活向上につながれば筆者としてうれしい限りです。

もっと読む