健康ひろば

この育毛剤であなたもフサフサ!?周りを驚かせてしまうロ二タブ

この育毛剤であなたもフサフサ!?周りを驚かせてしまうロ二タブ

男性の方で個人差はあれど、年をとればみな、いずれ頭髪は薄くなってしまう。

「子供から髪の毛のことで嫌われるのは嫌だ」「異性からモテたい」と思うのは当然だろう。

若い時には全く気にしていなかったが年とともに頭皮が薄くなり始めているという方も、最近比較的、多くなってきた「若ハゲ」の方も、必ず年を重ねるので、薄毛の問題には誰もが直面するだろう。

薄毛には遺伝的な原因で発症してしまうこともあり、予防策としては育毛剤や発毛剤によって解決するしかなさそうだが、そんな育毛剤や発毛剤においてもきちんと適したものを選ばなければ失敗してしまうことがある。

本記事では今すぐに薄毛や抜け毛を解決し育毛をしていきたいと初めての使用を考えている方、今後の時のために考えたい方も、育毛剤選びで失敗しないために気を付けておきたいことやおすすめするロ二タブについて紹介していきたいと思います。


そもそも、なぜ髪は薄くなってしまうのか!?


髪の毛が薄くなってしまう原因としてはいくつかの原因があります。

その代表例として挙げられるのが、AGA(Androgenetic Alopecia)です。

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、日本では約1,260万人ものAGAの症状に悩まされているとされています。

このAGAは男性型脱毛症と呼ばれる理由は男性ホルモン(DHT)の影響によるものと考えられているからです。

AGAを放置していると、どんどん髪の毛全体が薄くなっていきますので、早期の対策が必要となります。

また、男性と対照的にFAGA(Female Androgenetic Alopecia)と呼ばれる、女性男性型脱毛症

では、日本で約300~600万人の発症例があります。

特徴的なこととしては全体的に髪がまばらになってしまうことです。

FAGAの原因も女性ホルモンの分泌が低下し、男性ホルモンが優位になってしまうからです。

主に発症する要因として加齢によることが大きいですが、それ以外にも貧血や無理なダイエット、睡眠障害によるFAGAの発症が挙げられます。

これらは主にホルモンの影響または普段の生活習慣の乱れからそれぞれ脱毛症を発症させますが、それ以外で発症する代表的な脱毛症としては「円形脱毛症」があります。

円形脱毛症は頭部が10円玉のような形で禿げてしまう症状で、ストレスが大きな原因とされています。


育毛剤と発毛剤の違いを知っていますか!?


育毛剤と発毛剤は似ているように見えますが、それぞれはっきりとした違いはあります。

発毛剤はすでに髪の毛が抜けてしまった状態から、新たに毛を増やすあるいは発毛させる効果を有し、育毛剤には発毛剤のような新たに毛を増やす効果はなく、あくまで予防として今、生えている髪の毛の抜け毛や薄毛の進行を予防する効果があります。

抜け毛が気になる人はもちろんのこと、健康的に毛髪状態を維持していきたいと考えている方、持続的に髪の毛が生える頭皮環境をつくりたい人にとって育毛剤がより適した製品になります。



育毛剤選びで失敗しないための重要ポイント2つ


様々な育毛剤があり、初めての方であれば最初、どの製品を使えばいいか悩まれることでしょう。

初めて育毛剤を購入する場合、全く効果が出ない状態になってしまうと、長期的に育毛し続けることに嫌気がさしてしまうかもしれません。

そうなってしまわないためにも、きちんとした育毛剤選びではポイントをそれぞれ抑えるようにしましょう。


育毛剤に含まれる成分について


まず、育毛剤を選ぶ際のポイントの一つとしては、「成分」から決めてしまうことが挙げられます。

育毛剤の成分では以下のものをチェックするようにしましょう。


アデノシン

DNAの構成成分でありヒトの体内にも存在するものとして育毛や血行促進をする働きがあります。

また、毛乳頭細胞に直接作用し、細胞増殖を高める効果があります。


サイトプリン・ペンタデカン

サイトプリンとペンタデカンの二つの成分のことを言い、AGAに対し一定の効果があるとされています。

骨形成促進因子であるBMPと血管新生誘導遺伝子であるエフリンという2つの因子を増やす効果があるとされるサイトプリン、髪の主成分であるケラチンというたんぱく質合成に必要なエネルギーを増やす働きがある成分です。

これら二つの成分を併用するもものをサイトプリン・ペンタデカンと呼びます。


t-フラバノン

花王が独自に開発した育毛成分で副作用は軽微であるとされ、頭皮の血行を促進し、根本から太くて長い髪の毛一本一本を育て、薄毛や抜け毛を予防するとされています。


これらの成分は日本の専門機関である日本皮膚学会が発行している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」で認定されているため、これらの成分を含んだ育毛剤はより効果が高いと言われています。

また、これらの育毛剤では男性用および女性用としてありますが、それぞれ男性用は男性用のものを女性用のものは女性用として使用するようにしましょう。


医薬部外品の育毛剤を選ぶこと


育毛剤には「医薬部外品」と「化粧品」の二つの種類があります。

しかし、より効果を発揮するものは医薬部外品になるので、購入する際にはよくパッケージを確認し、見間違わないようにしましょう。

それぞれの表記のされ方は厚生労働省が許可した効果効能の有効成分に大きく分類されています。

化粧品と表示された育毛剤の成分は限定的であるのに対して、医薬部外品で扱われる育毛剤に含まれる成分では育毛予防に効果が期待できるだけの成分が配合されています。

そのため、本記事で紹介する育毛剤においてはきちんとその成分が十分に効果を発揮する製品であるものとして紹介します。

冒頭で記載した通り、現在薄毛や抜け毛に悩まれている方で予防または育毛環境を整えたいという方のために育毛剤は化粧品のものでなく、医薬部外品の育毛剤製品を選ぶようにしましょう。


育毛剤ロ二タブはどんな製品なのか!?


今回ご紹介したい育毛剤、ロ二タブは一体どんな製品なのか、どのくらいの効果があるかをご紹介していきたいと思います。

発毛促進のあるロ二タブはインド・アフマダーバードに本社があり、2006年に設立されたジェネリックを中心としたインタスファーマ社という医薬品メーカーになります。この会社は比較的最近できた会社ですが、アメリカFDA(食品医薬品局)など各国の薬品規制局から正式に認可を受けた、信頼性の高いグローバル会社になります。

有効成分であるミノキシジルは塗布タイプとして市販の薬局で入手可能だが、その同成分であり内部から毛根に作用する服用タイプが「ロ二タブ」になります。

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させる作用があることから、血流が増加し毛根細胞に多量の酸素や栄養素が行き渡るようになり、発毛が促進されます。

しかし、もともとミノキシジルは育毛剤として開発されたわけではありませんでした。

降圧薬として高血圧患者に対して血管を拡張し血圧を下げる働きをもって使用されてきましたが、副作用で多毛症になる人が多かったことから育毛剤として有効だと使用されるようになりました。


使用する際の注意点と副作用について


内服薬であり、より効果を発揮するので多くの人が服用するのですが、その分副作用のリスクも高まってきます。

主な副作用としては息切れ、多毛症(全身の体毛の増加)、血圧の低下、心拍数の増加、むくみやED(勃起不全)、性欲の減衰、吐き気や皮膚疾患などもあります。

また、ロ二タブを服用することで初期の段階で脱毛の症状がみられますが、これはこれから新しく生える毛の初期のヘアサイクルとして起こる現象なので心配をする必要はないと言えます。

とはいえロ二タブを服用すると程度は様々でしょうが、副作用のリスクが高いことは理解し、もしこれらの症状が起きた場合は直ちに使用をやめ、医師に相談するようにしましょう。

服用は1日に1回、1錠を飲みやすい時間で大丈夫ですが、安定した血中濃度を保つために、できるだけ毎日同じ時間に服用するようにしましょう。

また、次に該当する方は服用しないようにしましょう。

20歳未満で65歳以上の方、高血圧および低血圧の方、血圧や肝臓、心臓などに疾患がある方、妊娠中または授乳中の方、他の薬を服用されている方など。


ロ二タブを服用するメリット


ロ二タブは服用タイプの薄毛治療薬として唯一、女性にも利用が可能な内服タイプの薬になります。

また、内服タイプであるため効果はより期待でき、海外ジェネリック医薬品のため比較的安価に手に入ります。

前述したように副作用については十分気を付ける必要がありますが、その分効果も高く世界的にも権威のあるメーカーで製造販売されている当医薬品を安価に入手できるのは大きな利点といえるでしょう。

三越屋では個人輸入代行として、安心して当医薬品を薄毛や育毛に悩まれている方にお届けすることができます。

この機会に、ぜひ検討していてはいかがでしょうか。

もっと読む