健康ひろば

あなたは大丈夫!?花粉の季節に持っておきたいヒトリジンで春を満喫!!

あなたは大丈夫!?花粉の季節に持っておきたいヒトリジンで春を満喫!!

寒い季節が過ぎ、暖かい風と晴れやかな青空、満開な桜のもと、多くの人が賑わう春。

この時期は一年の中でも最もイベントごとがある時期ではないでしょうか。新学期や新入学、転居などの新生活、お花見など人にとっては大きなターニングポイントとなる時期でもあります。

私自身も最近、30年も過ごした日本を離れ海外という新たな土地で挑戦する時期にもなりました!!

そして引っ越しや移動など、何かと忙しく動く時期でもあると思います。

そんな人々の心をわくわくさせ、活気がわく春ですが、人によっては「やっかい」な季節でもあります。そう、その理由は春は多くの「花粉」が舞う季節でもあるからなんですね。

意外と知られていないことに花粉は一年中、飛散するそうなんですが特に春は多くの方がこの花粉で頭を悩まされているのは周知の事実でしょう。

そして花粉症に悩まれている方、あるいは花粉症になった方なら、その辛さや不快さは、相当なものであるといえます。


フレッシュで爽快な気分になるはずの春に花粉症で苦しみ、快適な生活を送れていない、そんなあなたに今回は花粉症の原因や対策と「お手軽に」解決できる医薬品、ヒトリジンをご紹介したいと思います。


1. そもそも花粉症ってどうやってなるの!?

花粉症に困っているあなたなら、きっとよくご存じでしょうが、花粉症はスギやヒノキなどの植物から飛散される花粉が人の体内に入ることで、目のかゆみやくしゃみ、鼻水、鼻づまりが引き起こされます。

その症状からご想像できる通り、花粉の主な流入元は目や鼻などからが多く、多くの花粉症で悩まれている方はマスクや眼鏡などで顔を覆い隠し、花粉が入らないように対策をとられているかと思います。

花粉症というのは一種のアレルギー反応として起こり、目や鼻から入った花粉が各神経、血管を刺激することで生じ、その症状の度合や期間、発症する体質などは人によって異なります。

また、その体質などで花粉症が起こる原因の一つに食生活が挙げられ、花粉症はある程度、個人で管理していけるものでもあると言えます。


2. 花粉の時期を把握する

花粉が舞う時期を知っておくことは重要です。

誰でも年がら年中、喜んでマスクや眼鏡を装備し外に出て人に会いたくないですし、眼鏡やマスクをつけること自体が煩わしいでしょう。

かといって、わざわざ自分から花粉を取り込むこともできないので、きちんと花粉の放出量や場所、時期を把握し自己管理をすることで快適なライフプランを練ることができるでしょう。


そんな時期については上記で様々な植物があるので一年中、花粉が飛んでいると言いましたが、それらは時期によって放出される花粉の種類や量が変わってきます。

より詳しい花粉が飛散する時期を把握するには、植物の種類や花粉について細部まで分析していく必要がありますが、それにはかなりの時間や労力が必要となってきますので、今回は代表的なものを 簡単にご紹介していきたいと思います。

まず、よく花粉症でよく言われているスギやヒノキについてですが、これらの花粉はほぼ同  じ時期に飛散することが言われています。

正確に言え ば1か月のズレはあるみたいですが、時期として把握しておくことに関しては  両方ともピークは2月~4月で、最 長で7月まで 続くと言われています。

また、その他には ブタク サ、ヨモ ギは8月~10月ごろ、イネ科は4月~10月頃と言われています。

この様にいくつか代表的な植物の飛散時期だけでもみると、花粉に気を付けないといけないのは、ほぼ1年中じゃないかと思われることでしょうが、当然花粉は空中に舞うことから、その日の天気や場所によって危険度が異なり、十分に対策をすることもできるでしょう。

簡単にご説明するとスギやヒノキの飛散距離は数十キロ~300キロほ ど、ブタクサ、ヨモギ、イネ科については100メートル程度と言われているため、その日の風向きや 強弱によって変わると思いますが、基本的にこれらの生殖地帯を避けることが一番の対策になるでしょう。また、症状が強く出る方に関してはマスクや眼鏡などの装備をすることに加え、 車両での移動の際も極力、窓を閉め るなどの対策も十分できることと思います。

雨が降った翌日の晴  天の日などは気を付けておくと良いと思います。


3. ヒトリジンを使用ることで、花粉症から脱却できるのか!?

あまり  聞いたことがないかもしれませんが、これら花粉症に効果的な医薬品の一つがヒトリジンと呼ばれるものです。

ヒトリジンはDeva Holding A.S.(デヴァーホールディングス社)というイスラエルに本社があり、製薬業界では 世界的に有名な会社が製造しています。

ヒトリジンは花粉症などのアレルギー症状を緩和するジルテックと呼ばれるジェネリック医薬品です。

セチリジン塩酸塩と言われる成分を有しており、鼻水やくしゃみ、鼻づまりなどの辛い花粉症の症状だけでなく、皮膚の痒みにも効果があります。

大手製薬会社が製造しているというブランド、ジェネリックが故にお手軽に手に入れやすく、辛い花粉症を解決する手段として、一度試してみてはいかがでしょうか。

次に簡単に使用の際の注意点などをご紹介いたします。


4. ヒトリジンは本当に大丈夫なの!?

使用方法や注意点についてヒトリジンを使用する際、成人の方で1回1錠(セチリジン塩酸塩として10mg)を1日1回、就寝前に飲んでください。

この時に注意することとして、飲み忘れたからといって一気に二錠飲んでしまわないようにすることです。

誤って多く飲んでしまった場合は早急に医師または薬剤師に相談するようにしてください。


眠気、倦怠感、口渇、食欲不振などの副作用があるので、使用時は車などの運転を控えるようにし、もし吐き気や目まいなどが生じた場合はすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしてください。

強い眠気を生じさせるため、使用時は就寝前がベストです。

就寝するタイミングでなくても、使用後に眠気がきても大丈夫な状況で、ご自身で使用時の管理を行うようにしてください。

また、使用前に以前、薬を使用し何かしらのアレルギー反応があった方、妊娠また 授乳中の方、他に薬を使用している方は、医師に相談するようにしてください。

本製品を以前、使用し過敏症を起こしたことがある方、重度の腎障害をお持ちの方は決して投与しないようにしてください。


5. 個人輸入も可能なヒトリジン

こういった特殊な医薬品というと、なかなか国内で簡単に入手できるものではありませんし、それなりの知識や情報が必要となります。

しかし、海外のジェネリック医薬品であるヒトリジンは個人輸入も可能な製品でもあります。

豊富なノウハウやネットワークと知識を揃えた、個人輸入代行サービスならではのメリットを花粉症で苦しんでおられるあなたに、製品とともにお届けできるはずです。

製品到着も早く、初めての方でもお気軽にご利用できますので、この機会に是非、検討してみてください。


6. まとめ

今回、記載した花粉症については多くの方が悩まれているアレルギー症状の一つで、様々な方がこれまでいろんな対策や情報収集をしてこられたと思いますが、やはりこういった毎日の生活に支障をきたす症状は早めに解決したいはずです。

マスクや眼鏡等での対処法でも全然問題ありませんが、時には医薬品ですぐに解決し快適な生活をより長く過ごしたい方は是非一度、今回ご紹介したヒトリジンを試してみてはいかがでしょうか。

もっと読む