• ジルテックジェネリック ヒトリジン(Hitrizin)10mg 1箱10錠 デバ社│花粉症、アレルギー性鼻炎

ジルテックジェネリック ヒトリジン(Hitrizin)10mg 1箱10錠 デバ社│花粉症、アレルギー性鼻炎

  • Deva
  • MI00252
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 3,326 円 3,326 円
- OR -

▶ヒトリジン(Hitrizin)とは?

ジルテックやヒトリジンの商品名で販売されている成分のセチリジン塩酸塩は、花粉症、アレルギー、 血管浮腫 けっかんふしゅ 蕁麻疹 じんましん の治療に使用される第二世代の抗ヒスタミン薬です。
それはヒスタミンH1受容体の選択的な 拮抗 きっこう 薬として作用します。
拮抗 きっこう 薬とは:別の物質の作用を妨害する物質。

ヒスタミン等が知覚神経を刺激しアレルギー症状に

セチリジン塩酸塩のような第二世代の抗ヒスタミン薬は、血液脳関門を通過する能力が低いため、第一世代の薬物と比較して中枢神経系への影響が小さくなっています。このため、眠気などの副作用を引き起こす可能性は低くなります。
セチリジンの主な適応症は花粉症やその他のアレルギーです。これらの症状における痒みおよび 発赤 ほっせき の症状はH 1受容体に作用するヒスタミンによって引き起こされるので、それらの受容体を遮断することはそれらの症状を一時的に和らげます。

商 品 説 明

■商品名

ジルテックジェネリック ヒトリジンHitrizin 10mg 1箱10錠

■一般名(有効成分名)

セチリジン塩酸塩

■効果

成人:
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症の治療

小児:
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒

ヒスタミンH1受容体拮抗作用によりアレルギーの原因物質や炎症を起こす物質の作用を抑え、アレルギー症状を改善します。

■用法・用量

通常、成人は1回1錠(セチリジン塩酸塩として10mg)を1日1回就寝前に服用します。治療を受ける年齢・症状により適宜増減されますが、1日最高服用量は2錠(20mg)です。
飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の飲むまでの時間が短い場合は、その分の1回をとばして飲んでください。そして次の回に1回分飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
必ず指示された服用方法に従ってください。

■注意事項

次の患者には投与してはいけません。
本剤の成分又はピペラジン誘導体(レボセチリジン、ヒドロキシジンを含む)に対し過敏症の既往歴のある患者
重度の腎障害(クレアチニンクリアランス10mL/min未満)のある患者

次の場合は投与を控えてください。
車の運転などの危険を伴う機械の操作はしないようにしてください。
眠気があらわれることがあります。
服用中の飲酒は避けてください。飲酒により薬の作用が強くあらわれることがあります。

次のような方は使用前に医師に相談してください。
以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある
妊娠または授乳中である
他に薬などを使っている

■副作用

眠気、倦怠感、口渇、食欲不振などが報告されています。
このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

好酸球増多、総ビリルビン上昇、嘔気、ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、血圧低下
このような症状があらわれたら、使用をやめ医師に相談してください。

■主成分

Cetirizine Hydrochloride 10mg
セチリジン塩酸塩10mg

■商品名(日本市場)

ジルテック、セチリジン(TYK、イワキ、TCK、ツルハラ、CH、PH、クニヒロ、NP、KTB、MNP、TOA、YD、アメル、オーハラ、科研、サワイ、タカタ、タナベ、トーワ、日医工、NPI、BMD、ファイザー)

■メーカー

Deva Holding A.S.

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

セチリジン - Wikipedia



ヒトリジンの副作用は眠気

腎臓、肝臓、てんかん等に疾患がある人は服用は医師への相談が必要です。
ヒトリジン(主成分:セチリジン)は花粉症やじんましん等の症状を抑える抗ヒスタミン薬の中でも最も効果が高いのですが副作用の「眠気」があります。
ですので、長時間の車の運転や、集中力が必要な作業がある方は注意が必要です。

ヒトリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬ですので以前の第1世代に比べると副作用は格段に抑えられ安全なっています。

副作用は個人差がありますので、服用後に生活においてどの程度弊害があるのか把握は必要です。
効果は高いのですが前の世代の抗ヒスタミン薬よりは眠気の副作用は出にくくなっていますが注意は必要です。
眠気が起きにくいとしては、「アレグラ錠」なども良いかもしれません。

アレルギー性鼻炎は治りますか?

アレルギー性鼻炎は治る(完治)病気ではありません。小さいお子様などですと成長と共に改善する場合もありますが基本的には一生付き合って行く必要が有ります。
また、抗ヒスタミン薬などで症状の
コントロールすることができますが、自分に合う薬を探すために、数年かかって通院されたという方もいらっしゃいます。

お薬以外での対処方法は?

小まめなお掃除でアレルゲンを排除

薬以外での対応方法としては、アレルギー性鼻炎をを引き起こす原因は花粉、ハウスダスト(ダニ、ホコリ)などになります。
症状を出さないためには、これらのアレルギーの原因を体に取り込まない環境づくりが重要になります。
・部屋に入る前に花粉を落とす。
・掃除を小まめに。
・布団を干す。
・湿気によりダニが発生しやすくなるので拭き掃除。

普段から意識して行う事により体へ取り込まれる原因物質が減る事になるため、アレルギー性鼻炎等が起きにくい環境になります。

アレルギー性鼻炎を放置するとどうなりますか?

アレルギー性鼻炎になるとくしゃみや鼻水がでます。この鼻炎を長い事、放置し鼻水をいつもすすっていると鼻水がでなくなることがあります。これは 後鼻漏こうびろう という鼻水が喉側に落ちる状態の場合があります。鼻づまりによる口呼吸になるなど、集中力の低下、睡眠不足、疲れが出やすくなるなど日常生活に支障をきたすようになります。

何故就寝前に服用が良いのでしょうか?

説明書に就寝前という記載がされています。抗アレルギー薬の中では、眠気がおこりやすいため、寝る前に処方する医師が多くいらっしゃいます。睡眠の予定があるなど眠くなっても構わない状況でしたら、朝食後に飲んでも効力が変わることはありません。車や機械の運転をするのであれば、日中飲むのは事故の危険があるため避けるようにしてください。花粉症のように、薬を飲まないと抑えられないくらいのアレルギー症状がでている状態であれば、医師に相談して適切な服用を行ってください。




口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: アレルギー