AGA(男性型脱毛症)セルフチェック

AGAセルフチェック

AGA(男性型脱毛症)の傾向は見受けられません。
AGAは一般的には年齢と共にリスクが増加しますので、症状を感じられる場合は早め早めの対応が必要です。限りある毛根と一生付き合る事が出来ます。

AGA(男性型津毛翔)は遺伝の影響が強いとも言われています。両親及びその家系において薄毛の人がいる場合は、それが影響する可能があります。これは統計的にも医学的にも証明されています。今のところはAGA(男性型脱毛症)の症状は出てないようですが、気になる項目が出てきましたら早めの治療をご検討ください。 AGA (エージーエー)治療は適正な診断を受けることが大切です。気になる項目が増えたら、一度お医者さんに相談することをご検討ください。

AGA(男性型脱毛症)の可能性が大です。 AGA治療薬は治療薬で進行を止める事が出来ます。近年はジェネリックで安価にAGAの治療が出来ますので、一度、AGA治療薬を手に取ってみてください。

セルフチェック項目

お父さんの家系に薄毛の身内はいますか?

解説を見る

AGA(男性型脱毛症)は遺伝(DNA)が影響しますが、その遺伝的影響が何歳から出てくるかは人それぞれです。直系の家系に薄毛の人がいる場合はAGAの可能性が高くなるので早めに対策を講じる必要があります。

お母さんの家系に薄毛の人がいますか?

解説を見る

AGA(男性型脱毛症)発症の原因遺伝子は母方から受け継がれるX染色体にもあるといわれており、特に母方の家系に薄毛がいる人は将来AGAになる可能性が高くなるりますので、早め早めの薄毛対策が必須です。

以前に比べ抜け毛が増えましたか?

解説を見る

AGA(男性型脱毛症)はヘアサイクル(毛周期)が異常になり寿命が短く抜け毛が異常に増える傾向があります。一時的なストレスなどが原因で抜け毛が増える事もありますが、ストレス改善をしても抜け毛が止まらない場合はAGAの可能性が大です。

髪の毛にハリ(コシ)がなく、短い薄毛が多くなった。

解説を見る

AGA(男性型脱毛症)はヘアサイクルが異常なため髪の毛が成長する前に抜けは初めてしまいます。抜けては生えてを来る返し、運よく成長をした毛髪も元気がなく、ハリ(コシ)が無い毛髪が増えていきます。そのため、次第に産毛の占有率が高くなり、髪の毛にボリュームが無くなってきます。

オデコが後退し、M字ハゲが進行中?

解説を見る

AGA(男性型脱毛症)は徐々に進行します。急激な脱毛はAGA(エージーエー)以外の脱毛症の可能性がありますので早めに医療機関を受診することをお薦めします。

頭頂部の髪の毛が薄くなって気がする。

解説を見る

AGA(男性型脱毛症)はパターン化したうす毛が特徴です。額の生え際、頭頂部以外から脱毛が始まった場合はAGA以外の脱毛症の可能性があるので、治療法が異なるので医師にご相談下さい。

オデコも頭頂部も薄くなってきた。

解説を見る

オデコの生え際や頭頂部が薄くなるのがAGA(男性型脱毛症)の典型的な薄毛の進行です。AGAはお薬で改善が可能ですので、毛根が完全に死滅する前に早期治療の開始をおススメ致します。

75