• ザイロリック100mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│高尿酸血症、痛風などで処方されるお薬です。

ザイロリック100mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│高尿酸血症、痛風などで処方されるお薬です。

  • 0 円
    (0 円)

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

▶ザイロリック100mgとは?

ザイロリック100mgは 痛風の治療と予防に使用される薬です。痛風は体内の尿酸値が高くなる事で尿酸が関節や腎臓の周りで 尿酸が結晶化し痛み伴います。

当薬の成分「アロプリノール」は尿酸値を下げる効果があるため、尿酸値が高い方や痛風の治療、予防にご利用いただけます。
病院処方のザイロリックと同じ製品(海外製造)であるだけですので通院の手間を惜しむユーザが利用されております。

注意したいのは痛風発作が無くなったからといって不用意に服用を止めると、関節や腎臓に更に多くの結晶が形成されるため症状が悪化する可能性もあります。
生活改善や尿酸値が高い飲食を控えたり、たくさんの水分を摂取するなどでも尿酸値は下げる事が出来ますので、ザイロリックと併せて対処が必要です。



ザイロリックはなぜ人気なの❓ 尿酸降下薬で痛風も怖くない!
尿酸自体を減らし、尿酸の結晶化を防ぐ
正規版(国内処方もある)のザイロリック

ザイロリック300mg(Zyloric)1箱100錠

<比較商品>
ザイロリック300㎎はザイロリック100㎎の3倍の成分量です。軽度の痛憤では300㎎/錠は分割して服用する必要があります。痛風の症状がひどい方で300㎎単位での服用ならば経済的にご利用いただけます。

ザイロリック300㎎はこちらからお求めいただけます。

▶用法 注意事項 等

商品名

ザイロリック (Zyroric) 100mg 1箱100錠

一般名(有効成分名)

アロプリノール100㎎

効果

有効成分であるアロプリノールが、プリン体から尿酸を生成する酵素を阻害し、尿酸の生成を抑制する働きがあります。それにより抗尿酸血症からくる痛風などを起こさない効果があります。
<応用:ガン化学療法に伴う口内炎(アロプリノール含嗽療法)>

用法・用量

通常、成人は有効成分のアロプリノールとして、200㎎(2錠)~300㎎(3錠)を2~3回に分けて食後に服用する。年齢、症状によって適宜増減する。
*ひどい痛風には1日量400〜600mgで1日量800mgまで増量が可能である。

注意事項

服用を勝手に中止はしないでください。肝臓の悪い人は、定期的に肝臓の検査をしてください。腎臓が悪い人は、血中濃度が上がる危険性があるので、体に異変があれば服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

副作用

《重大な副作用》
重い皮膚・粘膜障害:発疹、発赤、みずぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱間や痛み、掻痒感、唇や口内のただれ、咽頭痛、目の充血、発熱、全身倦怠感
ショック・アナフィラキシー症状:悪心・胸部不快感、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え、しびれ、蕁麻疹、全身発赤、顔やのどの腫れ、喘鳴、めまい、血圧低下、意識低下
重い血液成分の異常:発熱、咽頭痛、口内炎、倦怠感、皮下出血や鼻血、歯肉出血
肝臓の症状:倦怠感、食欲不振、嘔気、発熱、発疹、掻痒感、黄疸・黄染、尿が茶褐色
腎臓の症状:尿量減少、無尿、排尿混濁・泡立ち、血尿、浮腫、倦怠感、嘔気、側腹部通、腰痛、発熱、発疹
間質性肺炎:から咳、呼吸苦、息切れ、発熱
横紋筋融解症:手足のしびれ、こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
 
《その他の副作用》
発疹、蕁麻疹、掻痒感、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢

主成分

アロプリノール

商品名(日本市場)

ザイロリック錠100㎎(GSK)、アロプリノール錠100㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠100㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠100㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠100㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠100㎎「TCK」(辰巳)、アロプリノール錠100㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠100㎎「ZE」(全星)、アロプリノール錠100㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠100㎎「イセイ」(コーアイセイ)、ケトブン錠100㎎(コーアイセイ)、アロプリノール錠100㎎「トーワ」(東和)、サロベール錠(大日本住友)、ノイファン錠100㎎(ナガセ)、アノプロリン錠100㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠100㎎「ケミファ」(ケミファ)、アロプリノール錠100㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠100㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠100㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠100㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠100㎎「ファイザー」(ナガセ)、ザイロリック50㎎(GSK)、アロプリノール錠50㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠50㎎「ZE」(全星)、アノプロリン錠50㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠50㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠50㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠50㎎「ケミファ」(ケミファ)、ノイファン錠50㎎(ナガセ)、サロベール錠50㎎(大日本住友)、アロプリノール錠50㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠50㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠50㎎「トーワ」(東和)、アロプリノール錠50㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠50㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠50㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠50㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠50㎎「TKC」(辰巳)、アロプリノール錠50㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠50㎎「イセイ」(コーアイセイ)、アロプリノール錠50㎎「ファイザー」(ナガセ)

メーカー

Glaxo SmithKline

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

アロプリノール - Wikipedia

痛風 - Wikipedia

尿酸 - Wikipedia

プリン (化学) - Wikipedia

▶抗がん剤使用時の口内炎の改善へ

癌の化学療法および放射線療法によって生じる口内炎は激しい痛みを伴う重篤な症状を呈することが知られている。
また、これら激しい痛みの口内炎は抗癌剤使用患者の約40%に起こる頻度の高い副作用であります。

口腔粘膜細胞も分裂が盛んで、抗癌剤の影響を受けやすく粘膜の再生が遅れることで炎症が引き起こされる。

そこで、癌治療による直接的な口内炎を予防するために、最も一般的に行われているのが、ザイロリック(アロプリノール)を使った含嗽療法である。

ザイロリックの活性代謝物のオキシプリノールが、抗癌剤投与時に活性化されるキサンチン酸化酵素を阻害することでフリーラジカルの発生を抑制・消去し、口内炎の発症を防ぐと考えられている。
実際に含嗽液の使用により癌治療時の口内炎を予防できたとする多数の報告がある。

用法・用量は確立されていないが、例えば、ザイロリック100mg錠1錠を水100mL程度に溶解し、適量を1~2分間、口中で含み、口内炎の部位に含嗽液が当たるように動かしてから排出するといった方法で行われる。

▶ザイロリックは尿酸排泄するメカニズムとは?

痛風の原因の高尿酸値はの原因は1,2割が飲食だと言われています。痛風に関する「興味ある記事やテーマ」として飲食が大半の原因として「ビールではなく焼酎を!」をなどと思われては無いでしょうか。
もちろん、飲食も影響を受けますが、多くの割合の尿酸は他の要因により尿酸が多く生成されているのです。
ですので、もちろん飲食や生活習慣の見直しなども大切ですが、それよりも「いかに多くの尿酸を排泄」するかが大切になってきます。

尿酸は蓄積されると結晶化する事で「異物として認識」する事で、炎症(発熱、痛み)を起こし痛風発作となります。
そこで登場するのがザイロリックです。ザイロリックは尿酸をオシッコとして排泄を促す効果あります。

プリン体はビールやレバー、エビ、カツオ、枝豆などに多く含まれている

プリン体が多い注意したい食品達(ビールやレバー、エビ、カツオ、枝豆など)

参考サイト

服用方法・副作用等の注意事項に感じては次のサイトも参考にしています。

医療用医薬品:ザイロリック



▽▲▽ザイロリック100mgのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲




口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: 痛風, ザイロリック, Zyloric, 高尿酸血症, 高尿酸, 尿酸, プリン体, アロプリノール, 尿酸値,