• ヤスミン(Yasmin)1箱21錠 シェーリンク社│超低用量・避妊薬

ヤスミン(Yasmin)1箱21錠 シェーリンク社│超低用量・避妊薬

  • Bayer Shering
  • MTK0009TR
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 3 箱 9,900 円 3,300 円
商品 x 5 箱 12,100 円 2,420 円
- OR -

ヤスミンとは?


ヤスミンは「超低用量ピル」の避妊薬として、以下のようにエストロゲン(卵黄ホルモン)」の配合量が低くなっており副作用が起こりにくいのが特徴です。
違いとして以下のようになっています。
主成分のドロスピレノンが入っているピルですので、利尿効果もあるので、ムクミや避妊薬特有の水分による体重増加が起きにくい効能となっています。

用量:エストロゲン量が50µgより多い/錠
用量:エストロゲン量が50µg/錠
用量:エストロゲン量が50µgより少ない/錠(ノベロン
超低用量:エストロゲン量が30µgより少ない/錠(ヤスミンヤーズ)

超低用量ピルは避妊だけでなく自然なホルモンの補充により女性特有の辛い「ニキビ、月経困難症、子宮内膜症」等の治療効果もあります。

お薬の服用を中止すれば妊娠も可能であり将来の赤ちゃんへの影響もない言われています。

商 品 説 明

■商品名

ヤスミン(Yasmin)1箱21錠 シェーリンク社│超低用量・避妊薬

■一般名(有効成分名)

ドロスピレノン(Drospirenone)3mg, エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)0.03mg

■効果

避妊 、月経前不快気分障害(PMDD)、にきび

ヤスミン(Yasmin)超低用量ピルの有効成分は第4世代黄体ホルモンのドロスピレノン(Drospirenone)と、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)により構成されています。
避妊としてだけでなく月経困難症治療剤やニキビ治療薬として国内でも使用されている「ヤーズ配合錠」と同成分のお薬です。

■用法・用量

1日1錠を毎日一定の時刻に計21日間連続経口投与し、その後7日間休薬する。
避妊を継続する場合は29日目から新しいシートの服用を開始する。
通常、休薬期間中に月経(消退出血)が発来する。

■副作用

主な副作用としては乳房の張り、頭痛、吐き気、不正子宮出血等のご報告があります。
初めて服用される方は身体がお薬になれるまで副作用が出やすい傾向があるようです。

■注意事項

血栓症、足の腫れやしびれ・痛み、突然息苦しくなる、胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、突然の視力障害、舌のもつれ等の症状が現れた場合には服用を中止し、ただちに受診してください。

■主成分

ドロスピレノン(Drospirenone)3mg, エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)0.03mg

■商品名(日本市場)

ヤーズ配合錠・ヤーズフレックス配合錠(バイエル薬品)

■メーカー

シェーリンク(Schering)

■その他

参考情報:
Wikipedia : Ethinylestradiol
Wikipedia : Drospirenone

▶ヤスミンの口コミ

ヤスミンの口コミを見ると少なくない用途として、本来の避妊用の目的ではなくニキビやホルモン調整に利用されているようです。
ニキビが出来る場合は一般的な衛生管理をされていれば不衛生によるニキビの発生はないはずです。
ですが、ホルモノの異常により皮脂が増加したり、それにともない毛穴がつまり、化膿、炎症を起こす症状につながります。
そして、ヤスミンなどのピルの服用で、ホルモンが正常になるため皮脂の異常な状態が改善され次第にニキビの発生が減少しお肌の改善が期待できます。
このように、ホルモンが調整される事で、生理痛は更年期障害などの女性特有の正常も改善ができるでしょう。
また、手足のムクミ、乳房の痛みなどにも、ヤスミンの利尿作用が良く効く事でしょう。

▶ヤスミンとヤーズの違い

ヤスミンとヤーズの違いとしてはヤスミンの方が女性ホルモン(エチニルエストラジオール)が少し多くなっています。
そのため、ヤスミンの方がニキビや生理不順などのへの効果が高いと考えられています。
そのため、お薬の設計上は21日(錠)と休薬期間が7日とする投薬周期となっています。
*ヤーズは24日(錠)+4日(偽薬=休薬期間)となっている。
避妊効果としては、どちらも同じですので、両者を比較してお薬との相性が合う方を選択すると良いでしょう。

▶ヤスミンは痩せる?

ヤスミンなどのピルにより痩せる人と体重が増える方がいるようです。
一般的には避妊による体重増加は注射やインプラント、IUDによる場合で体重増加が起きる場合が多いようです。
これらは選択された避妊方法による個人差があるなkでも、特に黄体ホルモンなどのツールによる体重増加とみられておりますが臨床試験などのデータでも明確な証明は出来ておりません。
ですが、それらは脂肪の増加ではなく、身体に水分が蓄えられる傾向があるようです。
これと比較してヤスミンの主成分の「ドロスピレノン」は利尿作用があるため、少なくとも水分による体重増加は考えられないとされています。
つまり、ヤスミン以外の体重が増加するタイプのピルでは主に水分によるムクミによる多3,4kgの体重増加があるとの統計もあるようです。



▽▲▽ヤスミンのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲



口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 避妊薬