• アレロックジェネリック Winolap5 5mg 1箱100錠サン・ファーマシューティカル社│花粉症、鼻水、アレルギー性皮膚炎に使用される抗ヒスタミンの飲み薬です。

アレロックジェネリック Winolap5 5mg 1箱100錠サン・ファーマシューティカル社│花粉症、鼻水、アレルギー性皮膚炎に使用される抗ヒスタミンの飲み薬です。

オプション:

数量 価格 単価
商品 x 1 6,197 円
($55.89)
6,197 円
($55.89)
- OR -

─アレルギー性疾患とは?

仕事に集中したいのにクシャミや鼻水、目のかゆみにイライラ…。花粉症などのアレルギー症状が日常生活を乱すといった経験は、アレルギーを持っている人なら少なからずあるのではないでしょうか。
花粉症などの季節性のあるものや、ハウスダストや動物など、常に身の回りに存在するものに反応し、鼻水やアレルギー性結膜炎、皮膚炎などの症状を起こします。
季節性のものであれば、アレルギーを引き起こす花粉の時期が過ぎれば徐々に症状は収まってきます。

アレルギー反応の仕組み

アレルギー反応の仕組み
*肥満細胞:「肥満」とは関係なく、細胞が膨れた様から罷免細胞と名付けられた。

アレロックのジェネリック薬品の「Winolap5」をご存知ですか?

─Winolap5による花粉症の治療

Winolap5は第二世代の抗ヒスタミン薬で、有効成分のオロパタジン塩酸塩が非常に効果を発揮します。
クシャミ、鼻水、鼻づまり、蕁麻疹などの症状によく処方される「Winolap5」はアレロックと同じ成分であるオロパタジン塩酸塩は小児にも処方される薬剤であり、安全性の高い抗ヒスタミン剤です。

「Winolap5」はアレロックよりも値段が安いのですが効果が同じであるために、経済的ですし実績のあるジェネリック薬品ですので安心して服用ができるのです。

─Winolap5でのアレルギー性疾患の予防と治療

花粉症は早めの対応がお勧め

人によって何に対してアレルギーを起こすのかは様々です。花粉症の場合は、アレルギーを引き起こす花粉の飛散時期より2週間前から投薬を開始すれば症状を緩和できます。
ハウスダストはこまめな掃除、動物でのアレルギーは、アレルゲンとなる動物との接触をさけるなどでも発症を免れます。
また食物アレルギーの場合は、摂取しないように心がける必要があります。

まめなお掃除でハウスダストを排除
花粉症や蕁麻疹などにはアレロックのジェネリックである>Winola5が効果的であるのは実績で証明されています。

─アレロックジェネリックは効かない、効果が無い?

まれにジェネリックは効果がないと言われる方がいらっしゃいますが、薬効成分、成分量が同じならば効果は同じです。
アレロックジェネリックのWinolap5も薬効成分がオロパタジン塩酸塩で成分量が5mgです。
ですので、市販薬でも処方箋でも同じ成分、用量ならば同様な効果となであり、安価なところだけが異なるジェネリックなのです。

もし、効果が無いと感じられる場合の1つとしては、飲み方があるようです。
食後の服用は効果が半減されると言われています。(2割程度の効果が低減)

─アレロックジェネックは5mgは子供には用量が多い

7歳以上の子様には1日2回(朝、夕)で5mgで良いのですが、2歳以上、7歳未満のお子様には半分の2.5mgでご使用ください。
Winolap5をピルカッターなどで半分にカットしてご使用頂けます。

─Winolap5の使用体験談

私はスギ花粉のアレルギーが酷く、軽い抗ヒスタミン剤では全く症状を抑えられませんでした。そんな時にアレロックを処方され、すぐに症状が改善されたのです。
しかしアレロックのジェネリックは国内では無く、薬価の高い先発品を長く服用するには金銭的にも負担がかかりました。
アレロック自体市販がされていないので、病院で処方してもらわなければならないのですが、毎回の受診には時間がありませんでした。
そんな時に友人から、アレロックのジェネリックが個人輸入で購入できると教えてもらったのです。それが「Winolap5」でした。
早速教えてもらったサイトでネット注文し、服用してみたところ、アレロックと全く効果は同じでした。
安くて効果が高いので、今はもう「Winolap5」が手放せません。

─Winolap5を個人輸入で用いるメリットとは?

私がWinolap5の個人輸入を勧める理由としてはいくつかあります。

1.薬価が高い先発品を選択しなくてすむ。
日本国内では先発品のみが処方されており、薬価が高くなっています。その点、個人輸入で購入すれば海外で承認されているジェネリックの「Winolap5」を格安で購入ができ、負担のない継続治療が出来るのです。

ジェネリックは安全で安価です。

2.発症していない時期からストックとして購入できる。
クリニックや病院では、症状が出ていないと処方してもらえません。その点個人輸入であれば、発症前に「Winolap5」をストックが出来て、すぐに服用が可能です。

3.忙しくても時間を問わず購入できる。
一番のメリットは、なんといっても購入に時間を選ばないところです。ネットが使える状態なら、「Winolap5」をいつでもどこでも購入ができます。忙しく診察の時間が取れない人には魅力的なのではないでしょうか。

─Winolap5のデメリットは?

Winolap5はアレロックのジェネリックで安価に購入でいる鼻炎薬です。
ですが、唯一のデメリットは副作用に眠気を伴うところでしょう。
個人差はありますが、仕事や学習、試験中などに服用すると集中力に支障が及ぶかもしれません。
こういった場合は、同鼻炎薬としてアレロックは眠気の副作用がありませんので、併せてご利用いただくと良いかもしれません。

アレグラ錠 120mg(Allegra) ? こちらは眠気への副作用が無いとして、人気の鼻炎薬ですがWinolap5に比べると高めなところがデメリットです。

─Winolap5でアレルギー疾患の治療をしましょう。

アレルギー疾患は、発症すると我慢できない痒みやクシャミ、鼻水、鼻づまりといった、不快な症状が出現します。イライラして集中力もなくなり、精神的にも不安定になったりもします。
「Winolap5」はアレルギー症状を早急に抑えてくれる頼もしい抗ヒスタミン剤です。

アレルギー症状は治療が遅れてしまうと重症化のリスクもあるために、早めの「Winolap5」の投薬が理想的です。
事前に購入し早めの服用にて早期に治療が可能です。アレロックのジェネリックである「Winolap5」を購入して、症状が現れる前から治療を行いましょう。



三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。

商 品 説 明

■商品名

Winolap5 5mg 1箱100錠

■一般名(有効成分名)

オロパタジン塩酸塩

■効果

「Winolap5」の有効成分であるオロパタジン塩酸塩が、クシャミ、鼻水、鼻づまり、皮膚炎、掻痒感を和らげます。

■用法・用量

成人に対して、1錠5㎎を1日2回、朝、就寝前に服用。
7歳以上の小児に対して、1錠5㎎を1日2回、朝、就寝前に服用。

■注意事項

「Winolap5」服用の際の注意点としては、

眠気が起こることがありますので、服用後の車の運転はお控えください。
肝機能や腎機能が悪い方は、医師に相談の上服用してください。
長期ステロイド療法を受けている方は医師に相談してください。
70歳以上の高齢者は、血中濃度が高くなることもあるため、服用量の調節が必要です。

■「Winolap5」の副作用

<重大な副作用>
劇症肝炎、肝機能障害、黄疸

<主な副作用>
眠気、紅斑等の発疹、倦怠感、口渇、頭痛、頭重感、めまい、腹部不快感、腹痛、下痢、嘔気
このような症状が出現した場合は、医師に相談してください。

<まれに起こる副作用>
浮腫、掻痒、呼吸困難、集中力低下、しびれ感、便秘、口内炎、口角炎、舌痛、胸やけ、食欲亢進、不随意運動、嘔吐
このような症状が出現した場合は服用を中止し、医師に相談してください。

■「Winolap5」の主成分

オロパタジン塩酸塩

■商品名(日本市場)

アレロック錠5(協和発酵キリン)
アレロック錠2.5(協和発酵キリン)
アレロックOD錠5(協和発酵キリン)
アレロックOD錠2.5(協和発酵キリン)
アレロック顆粒0.5%(協和発酵キリン)

■「Winolap5 」製造メーカー

サン・ファーマシューティカル社

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: アレロック, アレルギー性疾患, オロパタジン, 第二世代抗ヒスタミン薬, 花粉症, winolap5, winolap, サン・ファーマシューティカル, サン, くしゃみ, 湿疹, 痒み, かゆみ, 鼻水, 眠気, 子供