• ガスタージェネリック ファモシッド Famocid 20mg 1箱280錠 サン・ファーマシューティカル社│胃酸の調整をし胃・十二指腸の潰瘍や胃炎、食道炎の症状です。

ガスタージェネリック ファモシッド Famocid 20mg 1箱280錠 サン・ファーマシューティカル社│胃酸の調整をし胃・十二指腸の潰瘍や胃炎、食道炎の症状です。

  • Sun Pharma
  • MI00242
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 5,433 円 5,433 円
- OR -

▶ファモシッドとは?

ファモシッドは胃酸の出過ぎによる逆流性胃炎や胸焼けなど、胃酸に起因する内臓の不調を改善してくるお薬です。

このファモシッドは20mgは、あのガスター10でお馴染みのファモチジンの成分量が20mg配合されています。このガスター10だけでなく市販薬は10mg/錠までの制限があり効能が弱くなっています。

成分量が少ない、効果が弱いのはドラッグストアーなどで購入できる製薬ですので、20mgが必要な場合は通常は医師の処方箋が必要になります。

しかし、このファモシッドは海外の正規のジェネリック薬品で、海外からですと処方箋なくとも購入する事ができるようになっています。

このファモシッドの主成分のファモチジンはH2ブロッカーという働きの胃酸の分泌をコントロールする作用があります。
胃の働きすぎなどで胃酸が出過ぎる事で胃や食堂が損傷する場合に効果的です。
胃酸をコントロールすることで胃や十二指腸の粘膜を消化することを抑制し、胃壁を保護する環境を作ります。

商 品 説 明

■商品名

ガスタージェネリック ファモシッド Famocid 20mg 1箱280錠

■一般名(有効成分名)

ファモチジン

■効果

有効成分のH2ブロッカーであるファモチジンが、胃酸の分泌をコントロールして、胃・十二指腸の潰瘍や胃炎、食道炎の症状を改善します。
主に胃痛、胃もたれ、胸やけ、むかつきに有効です。

■用法・用量

潰瘍・逆流性食道炎・上部消化管出血など
成人に対して1回1錠を1日2回、朝食後と夕食後または就寝前に服用してください。
1回2錠を1日1回服用することもできます。

急性胃炎・慢性胃炎の急性増悪期
成人に対して1回10㎎を1日2回、朝食後と夕食後または就寝前に服用してください。

1回20㎎を1日1回服用することもできます。
本剤は20㎎のため、1日1回服用してください。砕いて服用することは望ましくありません。

■注意事項

飲み忘れた場合は早めに1回量を飛ばしてください。絶対に2回量を1度に服用しないでください。
過剰に服用した場合は医師または薬剤師に相談してください。
自己判断で服用を中止しないでください。

■副作用

<主な副作用>
発疹、皮疹、蕁麻疹、顔面浮腫、便秘、月経不順、女性化乳房
このような症状が出現した場合は、医師に相談してください。

<まれに起こる副作用>
冷や汗、顔色が青白い、立ちくらみといったアナフィラキシーショック様症状
喉の痛み、頭痛、筋肉痛、貧血症状、出血傾向といった血小板減少症状
全身倦怠感、食欲不振、皮膚や粘膜などの黄染といった肝機能障害や黄疸の症状
筋肉痛、脱力感、褐色の尿といった横紋筋融解症症状

■商品名(日本市場)

ガスター錠20㎎(アステラス製薬)、ガスターD錠20㎎(アステラス製薬)、ガスター錠10㎎(アステラス製薬)、ガスターD錠10㎎(アステラス製薬)、ファモチジン錠20㎎「ケミファ」(シオノケミカル)、ファモチジン錠20㎎「トーワ」(東和薬品)、ファモチジン錠20㎎「TBP」(東菱薬品)、ファモチジン錠20㎎「MED」(メディサ製薬)、ファモチジンOD錠20㎎「ケミファ」(シオノケミカル)、ファモチジンOD錠20㎎「オーハラ」(大原薬品)、ファモチジンOD錠20㎎「TBP」(東菱薬品)、ファモチジンOD錠20㎎「日新」(日新製薬)、ファモチジン錠10㎎「MED」(メディサ製薬)、ストマルコンD錠20㎎(武田テバ薬品)、チオスター錠20(全星薬品)、ファモチジン錠20「サワイ」(沢井製薬)、ファモチジン錠20㎎「アメル」(共和薬品)、ファモチジン錠20㎎「イセイ」(コーアイセイ)、ファモチジン錠20㎎「YD」(陽進堂)、ファモチジン錠20㎎「日医工」(日医工)、ファモチジン錠20㎎「オーハラ」(大原薬品)、ファモチジン錠20㎎「ツルハラ」(鶴原製薬)、ファモチジン錠20㎎「NP」(ニプロ)、ファモチジン錠20㎎「杏林」(キョーリンメディオ)、ファモチジン錠20㎎「JG」(長生堂製薬)、ファモチジン錠20㎎「日進」(日進製薬)、ファモチジンD錠20㎎「サワイ」(沢井製薬)、ファモチジンD錠20㎎「EMEC」(サンノーバ)、ファモチジンD錠20㎎「日医工」(日医工)、ファモチジンOD錠20㎎「JG」(日本ジェネリック)、ファモチジンOD錠20㎎「YD」(陽進堂)、ファモチジンOD錠20㎎「テバ」(武田テバファーマ)、ファモチジンOD錠20㎎「トーワ」(東和薬品)、ファモチジンOD錠20㎎「ファイザー」(マイラン製薬)、ブロスターM錠20(サンノーバ)、ストマルコンD錠10㎎(武田テバ薬品)、チオスター錠10(全星薬品)、ファモチジン錠10「サワイ」(沢井製薬)、ファモチジン錠10㎎「アメル」(共和薬品)、ファモチジン錠10㎎「イセイ」(コーアイセイ)、ファモチジン錠10㎎「TCK」(辰巳化学)、ファモチジン錠10㎎「YD」(陽進堂)、ファモチジン錠10㎎「日医工」(日医工)、ファモチジン錠10㎎ケミファ」(シオノケミカル)、ファモチジン錠10㎎「オーハラ」(大原薬品)、ファモチジン錠10㎎「トーワ」(東和薬品)、ファモチジン錠10㎎「NP」(ニプロ)、ファモチジン錠10㎎「杏林」(キョーリンメディオ)、ファモチジン錠10㎎「TBP」(東菱薬品)、ファモチジン錠10㎎「JG」(長生堂製薬)、ファモチジン錠10㎎「日新」(日新製薬)、ファモチジンD錠10㎎「サワイ」(沢井製薬)、ファモチジンD錠10㎎「EMEC」(サンノーバ)、ファモチジンD錠10㎎「日医工」(日医工)、ファモチジンOD錠10㎎「JG」(日本ジェネリック)、ファモチジンOD錠10㎎「YD」(陽進堂)、ファモチジンOD錠10㎎「ケミファ」(シオノケミカル)、ファモチジンOD錠10㎎「オーハラ」(大原薬品)、ファモチジンOD錠10㎎「テバ」(武田テバファーマ)、ファモチジンOD錠10㎎「トーワ」(東和薬品)、ファモチジンOD錠10㎎「TBP」(東菱薬品)、ファモチジンOD錠10㎎「日新」(日新製薬)、ファモチジンOD錠10㎎「ファイザー」(マイラン製薬)、ブロスターM錠10(サンノーバ)

■メーカー

サン・ファーマシューティカル社

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ファモチジン - Wikipedia

ヒスタミンH2受容体拮抗薬 - Wikipedia

潰瘍 - Wikipedia

▶ガスター20通販ならばファモシッド

ガスター20は市販薬としては入手はできませんが、ファモシッドならば同成分で同効果ではありますが、処方箋が無くても購入が可能です。
ガスター10と20との違いは単に1錠あたりの成分量の違いですので、ガスター10を2錠飲むとのとファモシッドは同効果なはずです。
安価で市販としての通販でガスター20を入手したいのでしたら大手製薬会社サンファーマ社のファモシッドがおススメです。

▶ファモシッドは1錠10円以下のガスタージェネリック

ファモシッドは1錠がガスター10の2錠分の強い効果でありながら安価にこ通販購入が出来る正規のジェネリック薬品です。
市販薬のガスターですと直ぐに無くなってしまう事はないですか?
胃酸の出来過ぎで胃腸が損傷し、弱っている時は1錠飲めば、市販薬のガスターの2倍の効果があります。

もし、ガスター10と同様に10mgで治療をしたいのでしたらファモシッドを半分へカットしてガスター10と同様の分量で利用も出来ます。

ガスター10より強力に胃腸の状態を改善してくれるファモシッドの価格は市販薬の十分の一程度です。

▶ファモシッドはストレス、疲労、食べ、飲みすぎもサポート

ファモシッドはガスター10と同じ効果で胃痛が発生する症状に応じて胃腸薬を選択する必要があります。

▼主な種類
①強い働きをする:H2ブロッカータイプ
②胸やけ飲み過ぎなどにオススメの胃酸を中和するタイプ
③空腹時にオススメの胃の粘膜を守るタイプ
④ストレス・疲れなどによる胃痛にオススメのタイプ
⑤消化不良にオススメの消化酵素タイプ
⑥色んな症状に対応する総合胃腸薬
(配合のバランスなどにより色んな胃の痛みに対応していますが、他の商品に比べると効果が緩やかです。)

「H2ブロッカー」のタイプは効果が高く胃潰瘍や胃炎用にも使われています。反面、副作用もありますので使用上の注意を守ってください。

日本では第一医薬品(薬剤師の説明の元に購入が必要)

症状が比較的弱い方は、その他(②~⑥)で処置することも可能ですので、症状に応じて選択しても良いでしょう。

▶ファモシッドは胃・十二指腸潰瘍から解放される

ファモシッドでガスター10の2倍の効果があるので、医師の診断と処方箋が必要なレベルの高レベルタイプのお薬です。
軽度の吐き気や胃もたれ、胸やけ、胃酸の逆流で口の中が酸っぱい等から中程度の潰瘍レベルの症状からも解放してくれます。

食中や食後に起こる場合は胃潰瘍、空腹時や早朝におこる場合は十二指腸潰瘍の可能性が高いといわれています。胃酸が過多に分泌されて、胃や十二指腸の粘膜がえぐられ、潰瘍が出来る事によって起こる症状なのです。組織を溶かしてしまうことから消化性潰瘍ともよばれています。

胃酸が逆流する(胃食道逆流症)症状としては以下のような状態です。

胃酸が逆流する(胃食道逆流症)症状

ファモシッドはこのような症状を改善してくれます。

▶ファモシッド以外での予防と治療

ファモシッド以外の胃・十二指腸潰瘍の予防としては、規則正しい日常生活を送ることが重要となってきます。暴飲暴食などによって、胃酸が過多に分泌され、症状を発症しやすくなるのです。
また、発症初期には症状が激しくなるために胃に負担のかかる食事は控え、消化の良い柔らかい食べ物を少量、数回に分けて摂取します。アルコール飲料、タバコ、カフェインは潰瘍治療を遅延させてしまうこともあります。
再発もしやすくなるために控えることが好ましいでしょう。潰瘍は非常に再発しやすい疾患となっています。再発予防目的でヘリコバクターピロリ菌の除菌を行い、再発を予防するといったことも考慮します。

治療としてはH2ブロッカーの服用が一般的となっています。ガスタージェネリックのファモシッドは、胃・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎の治療薬として優れた効果を発揮することが立証されています。

胃酸の分泌を抑制





口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 胃炎