• フェブリク・ジェネリック/フェブタズ(Febutaz)40mg 1箱100錠 サン・ファーマ社│痛風、高尿酸血症の治療

フェブリク・ジェネリック/フェブタズ(Febutaz)40mg 1箱100錠 サン・ファーマ社│痛風、高尿酸血症の治療

  • Sun Pharma
  • MTK0012TR
  • 在庫あり
  • 0 円
    ($0.00)

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

フェブタズとは?

フェブタズはフェブリクのジェネリックとして、サンファーマ社より発売されています。
フェブタズの効果・効能は先発薬のファブリクと同じで尿酸値を下げ、痛風の改善のため利用されます。
特徴としては、ある日、突然、足の親指などの関節が腫れて激痛が走る痛風の改善に利用されますが、以前は痛風の治療薬というと「ザイロリック」が痛風治療の定番として良く使われておりました。(*1969年に発売)
フェブタズもザイロリックも作用としては尿酸を作る酵素の働きを阻害させ尿酸値を低下させるメカニズムは同じですが、フェブタズとの差異とメリットは腎臓負担がなく尿酸値を低下させられるので腎臓機能が低下している人でも服用が出来る点です。
また、一般的な尿酸値を下げるお薬は1日2~3回の服用が必要だが、「フェブタズ」は1日1回の内服でよく強い効果を得られます。

商 品 説 明

■商品名

フェブリク・ジェネリック/フェブタズ(Febutaz)40mg 1箱100錠 サン・ファーマ社│痛風、高尿酸血症の治療

■一般名(有効成分名)

フェブキソスタット(Febuxostat) 40mg

■効果

フェブタズ(Febutaz)40mgは、体内でプリン体から尿酸を生成する酵素を阻害し、尿酸値を低く保ち痛風の症状を軽減、痛風の治療、予防に使用されます。

痛風は体内の多くなった尿酸が結晶化し関節の周りに痛みや腫れを引き起こします。

・高尿酸血症

・痛風

・がん化学療法の高尿酸血症

■用法・用量

・通常、成人は1日1回10mgから服用を始めます。

・血中尿酸値を測定してもらいながら必要に応じて増量する。

  目安としては、2週間以降に1日1回20mg、6週間以降に維持量として1日1回40mgなど
   *状態により適宜増減されますが最大服用量は1日1回60mgです。

本剤は1錠中に主成分を40mg含有しますのでピルカッター等で調整をして下さい。

■注意事項

ーーーー

■副作用

痛風関節炎、関節痛、四肢不快感、四肢痛、下痢、倦怠感など

■主成分

フェブキソスタット(Febuxostat) 40mg

■商品名(日本市場)

フェブリク錠(帝人ファーマ)

■メーカー

サン・ファーマ社

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

フェブキソスタット - Wikipedia

医療用医薬品 : フェブリク










口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 痛風