シルデナフィルの効果・効能・副作用

シルデナフィル・ジェネリックはコスパと長い実績の信頼感

3種類のED治療薬+1 

シルデナフィルの後発薬品は世界各国の医薬品メーカーから製造・販売がされています。
日本で認可されているED治療薬の中の1つの成分シルデナフィルです。

服用方法は簡単で空腹時の服用で1時間程度で勃起を促す効果が現れ、5時程度効果が継続します。
牛乳や柑橘系のジュースを避ければOKです。


1998年に米国にて世界で初めてED治療薬として発売されたお薬です。翌年には日本でも販売開始しました。

*1998年:商品名「バイアグラ」・メーカ名「ファイザー製薬」

日本ではジェネリックに対する信頼度は未だ高くはないかもしれませんが「同じ効き目ならば安い薬」は世界共通の考え方です。
つまり、お薬で重要なのは「主成分」です。各メーカーにおいて製造方法も異なる場合もありますが、それによる差異は小さなものです。

また、この差異は「改良」となる事もあり、先発薬より価格だけでなく他のメリットを持つ場合もあります。

・溶けやすく吸収されやすい錠剤

・ゼリー状、飴(味付け)にする事で水無での服用

・早漏防止機能の追加

ジェネリックの効果・効能・副作用は同じですので、補助的な機能・効能の追加をするなどで、各メーカーは創意工夫をしています。

ですが、製造国によっては注意が必要です。

ジェネリック正規メーカ製から選択

カマグラというバイアグラのジェネリック(コピー)として知名度が高い

日本向けの海外ジェネリック製品の大半はインド製になります。
インドは国策として薬に対する特許について特殊な考え方、法制度があり多くのジェネリック薬品メーカーが成長しております。
株式上場し大手メーカーとして信頼が担保されているとの見方も出来ます。

インドの国策として「先発薬の特許に縛られず、安価なジェネリックとして製造・販売が可能」としています。

他国の医薬メーカーからすれば特許侵害かもしれません。
ですが、アフリカ諸国などの途上国では特許に守られた高額な医薬品の購入が出来ないため「助からない命がある」との以下のような立場の違いがあります。

・知的所有権を優先する欧米諸国

・特許よりも人命優先する途上国

一昔前は、インドの製薬会社も品質に対する不安もありましたが、現在は各国の品質要求に応えられる成長を成し遂げています。

選択先発薬は偽物・模造品に注意

バイアグラのコピー品とは

ファイザー製薬製のバイアグラは比較的に偽物が多いと言われているED治療薬です。
これらは先発薬はブランド力を持っているため、後発薬と比べると十数倍の価格差があります。
ジェネリック薬品が100円/錠位で購入できる反面、バイアグラ等の先発薬は2,000円/錠などと高額となっています。
このような事情もあり偽物が流通しやすくなっています。

後発薬は大手製薬会社も参入し価格競争が激化となっている事もあり偽物製造業者が利益を得られない状態となっています。
バイアグラが世に出始めたころは不正な業者が蔓延(はびこ)っていましたが、現在はそのような業者はネット社会から淘汰(とうた)されている状況です。

どちらにしましても、海外医薬品をご購入する場合は長く営業している代理店からの購入をお勧め致します。

勃起機能不全(ED)の症状とは?

性欲はあるが、行為をしても途中で中折れしてしまうのでパートナーとの性行為が億劫(おっくう)になっている人が意外と多いのでは無いでしょうか

性的欲求はあるのに面倒になり自己処理となってしまったりしないでしょうか。
などなど、パートナーから不信感を得てしまうなどもあります

性欲の減退なのかEDなのかを、自己判定してみてください。
EDの自己判定

そのようにならないためにも、EDとはうまく付き合う必要があります。
ED治療薬の服用だけではEDの根本的原因を排除し、完治はできません。
同時に運動や植生使うなどを考慮し体質改善が必要になります。

主成分シルデナフィルとは?

カマグラはPDE5を抑制し、cGMPにより勃起不全を解消

*ED患者の体内ではPDE5の分泌異常が発生しています。

ED治療薬として有名なバイアグラにはシルデナフィルと呼ばれる主成分が配合されています。

シルデナフィルは勃起不全の原因酵素を減少させ、男性器の血管を拡張させて血流を増加させることで勃起を促進します。
EDに対してダイレクトな改善効果をもちます。
勃起不全で無い方でも服用すると、いつも以上に硬く、回数をこなせるようになります。

バイアグラの「この」主成分:シルデナフィルは世界中で様々な医薬メーカーからジェネリック薬品として販売されております。

シルデナフィルの副作用

一般的な副作用としては「顔のほてり」「目の充血」などが起きるようです。
飲酒をした時の表情になるよる事がありますが、これは飲酒で顔を充血しがちの方には高い確率で発生するようです。

これは正常に効果が発生している状態でもあるので気にしなくても大丈夫です。

その他、「頭痛」「鼻づまり」「動悸(どうき)」、「目がちかちか(光に敏感になる)」なども起きる場合もありますが、
長くても効果持続時間の5時間程度で収まります。
頭痛が酷く出る方は頭痛薬(ロキソニン、イブ、バファリン等)を使用できます。

世界中で長期愛用され続けている安全なED治療薬

世界中で医薬品として認可を受けています主成分シルデナフィルです。

・日本でも1999年から発売され20年以上の歴史があるED治療薬です。

・長年の多くの人の利用により安全性が確認されている。

各国でもシルデナフィルの製造・販売の認可を受けるために臨床試験などの適切な手続きで安全性が確認されている成分です。

ネット通販での購入

インターネットの復旧もありED治療薬のみならず、様々なジェネリック薬品が通信販売での購入が出来ます。
こちらは日本の法律上は「個人輸入」という形態での購入は「合法」とされています。

「個人輸入」といっても単に海外から購入するだけですので、通常のネット通販とは違いはないでしょう。。

ただし、以下のような点に注意する位でしょう。

・輸入の禁止薬品(もちろん、麻薬や覚せい剤等の危険なお薬の輸入はできません。)

・輸入合計金額(1万6,666円までは免税)

・数量等:1ヵ月の使用量以上の輸入(申請を行えば1ヵ月を超えた数量の輸入も出来るが、一般の人には必要書類の準備が実質無理でしょう。)

海外ジェネリックには以下のメリット

後発薬は開発等の費用がないので安い

①ジェネリック医薬品のため費用が安い
各メーカーは新薬を開発時に膨大な時間と費用をかけています。中には製品化できなかった医薬成分も沢山あります。
ジェネリック薬品メーカーはコストをかけずに同効能の医薬品の製造・販売ができ、同時に多くのメーカーがジェネリックに参入するため、価格競争の結果、安価にもなります。

ED治療薬は即効性があるため通院コストをかける前に、一度、海外通販ジェネリックでED治療を試してみてから効果がなければ通院という選択肢も選べる。

②人に知られずに入手で治療が可能
恥ずかしい病気ですのでクリニックの先生にも相談するのが気が引けるかもしれません。
また、クリニック等でのED治療の判定等は結局自己申告があります。特に血液検査等も無い(必要がない)ので、分かり切ったED判定に数千円を支払う必要になります。
*持病のない方(特に心臓や脳)は問題がありません。
ですので、これだけ情報が普及している時代、ネットで調べればお薬の服用方法から、注意点なども調べられますので、
わざわざ、高いお金を払って診察してもらう事が、診察後に気づくようです。



三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。