ジェネリックは海外大手製薬会社製で通販購入

▶ジェネリックは安価で長い実績の信頼感

海外ジェネリックというとAGA(薄毛)やED(勃起不全)の治療薬をイメージされるかと思います。
これは、これらの治療は保険適用外という事で、治療費やお薬代が実費となっている事で安価な海外のお薬を利用される事が多くなっているのです。
特に専門クリニックからすればネガティブな情報発信をするしか対抗できません。
病院としては診察をして適切な薬を処方する事がお仕事ですが、AGAもEDも治療薬の種類が2,3種類しか存在しません。(日本承認済み)

どちらも病院で処方される薬は患者さんの身体に特殊な事情がないかぎり、この2,3種類の中から選ばれます。
どちらかといえば違いは費用面になります。AGAやEDは自由診療なので医療費が病院によってことなります。

例えばクリニックのAGA治療薬ですと「2万円前後/月」位になるでは無いでしょうか。

つまり24万円/年で、飲み続ければ24万円 x 治療年数となり非常に高額になります。

これが海外ジェネリック(例:ジェネリック・フィンペシア)になると2,200円/月となり、十分の一の費用となります。


国内の医師からすれば、「海外ジェネリックは危険、何が入っているか分からない」というしかないでしょう。
海外ジェネリックも、もちろん製薬会社メーカーが製造・販売しています。

AGAもED治療薬も1990年代から発売されており、当時は今のようにネット情報(口コミ)も無かった事やクリニックでの処方も非常に高価であったため、ネット通販での模造品や偽造品も流通していた時代もありました。

ですが近年では、税関にしても違法医薬品の取り締まりも強化され、ネット上での「口コミ」にしても詐欺まがいのEC通販サイトなども淘汰されております。

支払一つにしても詐欺サイトがあれば、支払い口座が凍結されますしWEBサイトも閉鎖においやられています。


▶インドの医薬品の品質は?

ジェネリックというとインド大国と呼ばれるインド製が世界で勢力を伸ばしています。日本の製品づくりの品質といえば世界でもトップレベルですので、これらと比較するのは厳しいかもしれません。インド国内の規格は日本や欧米のそれと比較すると一般的にレベルが低いかもしれません。
ですが、インドで製造される医薬品は日本人には不向きかというと必ずしも「そうではない」。
何故ならインドでは国外市場向けの場合はマルチスタンダードで製造するのが一般的です。米国では日本でいう厚労省のFDAがありますが、このFDAの認可を得ている医薬品工場が多いのはインドであります。このように国外向けの製品には十分な品質の製品を製造・供給している点も知って頂きたい。

例えば、ED治療薬でも知られていますジェネリック薬品のカマグラゴールドについてです。

このED治療薬は「カマグラゴールド」と「カマグラ」の2種類があります。

カマグラゴールド」は国外向けの製品で「カマグラ」はインド国内で流通させています。

*当店ではインド向け「カマグラ」の取扱いはありません。他のサイトでは「カマグラ」を扱うサイトもあるので注意してください。



以前は海外医薬品というと中国製や韓国製などもありましたが、当店ではインド製に関しては大手製薬会社製のみの取扱いとしています。
扱われている医薬成分に関しても日本国内の製薬会社でも原薬はインドや中国製の割合も増えています。

製品名と品質の差異についてはメーカー側も特に触れてはいませんが、実はこのようなインド国内向け、海外向けの違いもあります。
ですが、このような事情については一般の人は知る由もありませんので重要な事は信頼のおける購入先を見つける事では無いでしょうか。

▶インド製が信頼できるのか?

インドというのは国策で特殊な考え方の製薬特許法律を持っています。

通常、ジェネリック(後発薬)は製薬特許保期間が満了後をもって他社が同成分を利用し医薬品の製造・販売を開始します。
ですが、インドでは国際的な製薬特許よりも、自国民の生命や健康を優先にするという法制度で動いています。

つまり、海外の高価な医薬品を経済的な理由利用できず、助かる命が助からない事が無いようにという考えたです。

このように、ED治療薬だけでなく様々なお薬が製薬特許の壁がなく、安価に医薬品を製造しインド製薬会社は大きく成長してきました。
現在では株式上場している製薬企業も多く存在しています。


例えば、ED治療薬のカマグラを製造しているアジャンタ・ファーマ社(AjantaPharma)

  1. 7つの工場を持ち、米国FDAにも承認された工場も持つ
  2. 主にマラリア用の抗生剤や心臓・皮膚病・呼吸器系疾患の医薬品等を製造
  3. 様々な国で約1,400以上の製品を登録。
  4. 30カ国以上に製品を輸出している。
  5. 1973年設立で、株式上場もしている。

少なくとも米国FDAというと厚労省のような政府機関に承認を受けて医薬品の製造をお混っています。

海外基準にも合わせる事が出来るのは品質、安全性の面でも安心できる医薬メーカーでしょう。

かつ、低コスト製造された海外ジェネリックですので、当店(三越屋)でも積極的に利用しています。

▶EDジェネリック一押しのカマグラゴールド

ED治療薬の中では「カマグラゴールド」は世界中で多く流通しています。

これは安心できる成分シルデナフィルが配合され、ED治療薬の中で効果持続時間が比較的に短い(最大5時間)ですが、硬さが得やすいとして人気があります。

効果が強い分、副作用も出やすい傾向がありますが、そのような場合は錠剤を分割する事で、個人差がある適量を見つけやすい特徴もあります。

また、カマグラの人気は、「カマグラシリーズ」という錠形に工夫を持たせた携帯性、利便性にあるのではないでしょうか。


▶カマグラ・カマグラシリーズ

以下の錠剤タイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプ等があります。ご利用スタイルに合わせてご選択下さい。


・カマグラゴールド(錠剤)

カマグラゴールド100mg

カマグラゴールドの成分量はカマグラ50mgカマグラ100mgの2種類あります。緑の錠剤です。

効果・効能は他のタイプと同じですが、比較的に安価で販売されやすいタイプです。まずは、こちらから試す事をおすすめします。

・カマグラオーラルゼリー

カマグラオーラルゼリー

カマグラオーラルゼリーの成分量は100mgのみです。ゼリー状ですので水なしで服用が出来、吸収が早いので効果が早く出やすいタイプです。

カード型の形状で胸ポケットに入れていても、かさばらないのスマートな携帯が出来ます。

7種類のフレーバ(味)がありますが、飲み易くするための味付け程度です。
*成分シルデナフィルは苦みがあります。

100MG/枚タイプのみです。

・カマグラチュアブル(POLO)

カマグラポロ(パイナップル味)

カマグラチュアブルはキャンディーとトローチタイプがあります。
トローチタイプはカマグラPOLO(ストロベリー味パイナップル味)とも呼ばれています。

こちらも水なしで服用が出来ます。噛み砕いて溶かして服用するのが一般的です。

当店ではキャンディタイプの取扱いはありません。
*キャンディタイプも噛み砕いて溶かして服用が推奨されますが、分割50MGでの服用も難しかったり錠剤が硬いのであまり好まれないようです。

トローチタイプですと分割しての用量調整も容易ですので、一定の人気があるようです。

このように、まずは、カマグラゴールドから初めて他成分のED治療薬と比較してご自分にあったED治療をしてみませんか。



参考資料:

AGA(男性型脱毛症)-wikipedia

ジェネリック薬品(後発医薬品)-wikipedia

シルデナフィル-wikipedia