• ロニタブ5mg1箱10錠(Lonitab-5)インタス社(intas)|ミノキシジル(ミノタブ)配合のAGA(薄毛)治療薬です。

ロニタブ5mg1箱10錠(Lonitab-5)インタス社(intas)|ミノキシジル(ミノタブ)配合のAGA(薄毛)治療薬です。

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 2,211 円 2,211 円
商品 x 3 箱 5,628 円 1,876 円
- OR -

▶「ロニタブ5mg」とは?

ロニタブ5mgは育毛・発毛に効果的な 男女共用の薄毛治療薬です。
成分(ミノキシジル)で知名度が高い外用タイプよりも内服タイプは頭皮の内側から毛根の血流を活性化し発毛と育毛を促します。
薬局販売の外用タイプ・ミノキシジルは頭皮から間接的な効果ですが、 ロニタブは体内から直接、血管を通し毛根へ効果が確実に届きます!
頭皮の状態が関係なく発毛・育毛効果が届きます。

ロニタブはミノキシジルで毛乳頭細胞へ直接作用国内には薄毛治療ヘアクリニックなど病院でも内服用タイプのミノキシジル(錠剤)を処方しています。
国内では未承認の内服タイプのお薬ではありますが、多くのクリニックでは、「ミノキシジル」か「フィナステリド」の錠剤のどちらか、または両方を処方されています。

別成分の「フィナステリド」は抜け毛防止の効能があり、ミノキシジルの発毛育毛の効能はAGA患者の症状によって使い分けられています。

また、薬局やドラッグストアで入手が可能なミノキシジル製品は外用タイプのみです。
外用タイプの育毛剤は「第一類医薬品」であり比較的手軽に入手が出来ますが、服用タイプのロニタブは医薬品ですので医師の処方箋が必要となっています。

ロニタブ5㎎はジェネリック商品ですので、つまり長年世界中でたくさんの人に利用され続け安全性と効果が分かっている男女兼医用の薄毛治療薬です。

海外の処方箋薬の通販は、厚生労働省も許可する購入方法になります。(ただし、全て自己責任という事をお忘れなく)


ロニタブ5mgも安心のジェネリック ・唯一の女性への発毛、育毛効果
・服用タイプだから内部からドンッ!と発毛、育毛
・大手メーカだからジェネリックでも安心
・ミノキシジルの市販薬が売れなくなるので効果は秘密

▶用法 注意事項 等

商品名

ロニタブ5mg

一般名(有効成分名)

ミノキシジル5mg

効果

ロニタブ5mgの有効成分であるミノキシジルには、頭皮の血管を拡張させる作用があります。これによって、血流が増加して毛根細胞に多量の酸素や栄養素が行き渡るようになり、発毛が促進されます。

用法・用量

ロニタブ5mgは1日1回、1錠を服用します。飲みやすい時間に服用して構いませんが、安定した血中濃度を維持するためにできるだけ毎日同じ時刻に服用することをお勧めします。

注意事項

以下に該当する方は服用しないでください。
・20歳未満の人、65歳以上の人
・円形脱毛症など壮年性脱毛症以外の脱毛症の人
・高血圧、低血圧の人
・心疾患、肝疾患、腎疾患のある人
・甲状腺機能障害のある人
・むくみのある人
・妊娠中または授乳中の人
・医師又は歯科医師の治療を受けている人
・他の薬を服用中の人

副作用

動悸、息切れ、頻脈、低血圧、多毛症などの副作用が生じる可能性があります。これらの症状に限らず、服用後に異常が見られた場合は直ちに服用を中止して医療機関を受診するようにしてください。

主成分

ミノキシジル 5mg 

商品名(日本市場)

無し

メーカー

Intas Pharmaceuticals Ltd

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ミノキシジル - Wikipedia

▶ロニタブ5㎎とミノタブの違い

ロニタブ5㎎とミノタブには成分的には違いはありません。
まずは「ミノタブ」はミノキシジル・タブレットの略称であり主成分ミノキシジルの商品の呼称になります。

このミノタブは複数の製品名の商品が発売されておりロニタブもミノキシジル商品の一つです。
効能はどれも同じではありますが製造メーカーが異なれば商品名が変わる事になります。

あと、ご購入時に注意をしたいのが1錠あたりのミノキシジルの成分量(5㎎、10㎎)が異なる同一商品名の商品があります。

▶インド生まれの毛生え薬ロニタブ5㎎

ロニタブ5㎎といえばインド産の系生え薬として知られているかもしれません。これは正しくはありますが、ユーザーが知りたい回答ではないかもしれません。
確かにロニタブ5㎎はインドの大手製薬メーカーのインタスファーマ社製ではありますが、ロニタブの成分のミノキシジルを研究開発して製品化したのはアップジョン社(今のファイザー社)になります。

インド製というと心配されるかもしれませんが、中国や韓国製よりも数倍安心してご利用いただけるかと思います。
このインタスファーマ社は2020年においてインド国内の医薬品市場では9位で急成長をしているインド最大のジェネリック医薬品会社の一つです。

▶経済的にロニタブで薄毛治療!

まず、ミノキシジルで薄毛治療を考えた場合は、まずは口コミを探してみてください。
散布、スプレータイプの多くの広告がされている、それらの商品に本当に効果があるのか?

・ロニタブ5mgの使用体験談

私の友人はロニタブ5mgの個人輸入を利用して薄毛を治療しています。当初はヘアクリニックを受診して医師から内服用のミノキシジル錠を処方してもらっていました。
毎月薬をもらうためだけに受診する手間を省きたいと考え、ある時からロニタブ5mgの個人輸入代行へ切り替えたそうです。
調べたところ配合薬効成分と容量が同じならば効果が同じだと知り、しかも海外製は日本製に比べて非常に安価だとしり切り替えたそうです。
このロニタブ5mgは今まで処方されていたミノキシジル錠と成分が同じで、受診の費用や手間も省けたと大変満足している様子で、頭皮の様子も目に見えて改善してきています。

このようにコストと効果共に利用実績がある医薬品ですので、どのような効果があり副作用などのリスクがあるのかも、殆ど分かっています。

しかしながらロニタブは「効果がある」医薬品ですので予想される「副作用」もあるのは確かです。
正しくない飲み方をすれば副作用が強く出る場合もいあるいますが、それでも多くの薄毛治療の現場で利用さえれ続けている理由が見えてくるはずです。

・ロニタブ5mgは通販価格

例えば、薬局で販売されている「育毛トニック(ミノキシジル配合)」は「約8,000円/月」位ですので約9.6万円/年の費用が必要となります。

通販ロニタブ5㎎だと、約5,000円/月、6万円/年 

また、外用タイプは頭皮にミノキシジルを振りかけて、本当にどれほどの効果があるかが分かりません。
Amazon等でも外用タイプのミノキシジル商品は販売されていますが、なぜか「口コミ」機能がOFFになっています。
つまり、本当に効果があるならば口コミを出すはずですが、見えなくなっているのは何か理由があるのでしょう。
この点においても、この服用タイプのロニタブ5㎎は体内から「ガッツリ」と発毛・育毛効果が発揮されます。

ロニタブ5㎎は頭皮ではなく、頭皮内の毛細結果に直接作用するので、頭髪の発毛から抜けるまでの「ライフサイクル」に直接影響し、毛髪に必要な要素を送り届ける効果があります。

ロニタブにより育毛サイクルが元気に

髪の毛の「成長期」は通常2年~6年続くのですが、AGA(薄毛)の人は、この期間が短期で早いと数か月抜けてしまいます。
このようにロニタブ5㎎は1本1本の髪の毛の寿命を長くすることが出来るので、継続する事で髪の毛の総量が増えてくることになります。
▶ロニタブ5mgを用いるメリットとは?

ロニタブ5mgを個人輸入で用いるメリットとして以下の点があります。
➀非常に安価に薄毛治療が出来る。
ロニタブ5mgは特に病院処方と比較すると安価に治療が出来ます。
病院処方では効果がない医薬品は処方できませんが、ロニタブと同じミノキシジル成分になります。
②時間と手間がかからない。
ロニタブ5mgならば通販でネット決済で家にいながら薄毛治療が出来出来ます。
通院時間や交通費の節約だけでなく、病院での余計なストレスも感じる必要がありません。
③服用タイプなので髪型を気にしない
ロニタブですと服用タイプですので毎日寝る前に服用すればよく、 Amazonや楽天等でも購入できる育毛トニック系のように、頭に液体を吹き付けませんので、出社前に洗髪しなくても良い。
④毛根を大切にできる
毛髪は毛根の細胞分裂で生え変わりますが、実はこの細胞分裂の回数には制限があります。
一般的には50回と言われていますので、生え変わりには限界があるので1本1本をロニタブで大切にしてください。



口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: AGA, ミノキシジル, 薄毛, ハゲ, 発毛, 育毛, ミノタブ, ミノキシータブレット