• Calcium & Vitamin D3 Inife カルシウム、ビタミンD3/60錠/瓶|骨・関節ケアに効率よいカルシウム補充

Calcium & Vitamin D3 Inife カルシウム、ビタミンD3/60錠/瓶|骨・関節ケアに効率よいカルシウム補充

  • INLIFE
  • S220222-4IN
  • 在庫あり

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 瓶 3,451 円 3,451 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 瓶 5,466 円 5,466 円
- OR -

▶カルシウム・ビタミンD3とは?


カルシウムは骨の強化に欠かせない役割を担っています。しかし、カルシウムの吸収と機能を最大限にするには、ビタミンD3が必要です。
食べ物から摂取されるカルシウムの多くは不活性型であり、機能を正しく発揮させるためには活性型に変換する必要があり、そこで登場するのがビタミンD3なのです。

カルシウムは吸収率が低い栄養素の1つで、カルシウムを豊富に含む代表食材の牛乳・乳製品でも40~50%程度、小魚や野菜、海藻からは20~30%程度といわれています。
また、加齢により、カルシウムの吸収率が衰えるとも考えられています。

そこでカルシウムとビタミンDは同時に摂ることで強力にカルシウム吸収をサポートします。当製品は高品質なカルシウムとビタミンD3錠剤の最高ブランドです。

ビタミンD3はカルシウムを活性型に変える働きがあります。ビタミンD3は非常に一般的な名前ですが、カルシフェジオール、コレカルシフェロール、エルゴカルシフェロール、ビタミンD3として記載されることもあります。
エルゴカルシフェロールでもカルシフェジオールでもビタミンDであることに違いはありません。

カルシウムとビタミンD3が組み合わされる理由


カルシウムは食品にも自然に含まれるミネラルの一種です。カルシウムは体の多くの規則的な機能、特に骨の形成と維持に重要です。

そして、ビタミンD3はカルシウムの吸収と体内での利用を円滑にするために重要です。

インライフ・カルシウム・ビタミンD3には1錠に500㎎のカルシウムと400IUのビタミンD3が含まれており効率よくカルシウムが機能するサポートをいたします。

商品名

カルシウム・ビタミンD3 60錠/瓶

カルシウム・ビタミンD3の成分(1錠)

・カルシウム 500mg

・ビタミンD3 400IU

カルシウム・ビタミンD3の使用方法

1日1錠を食後に摂取してください。

カルシウム・ビタミンD3の禁止事項

妊娠中、授乳中、薬の服用中、持病がある方は本製品を使用する前にかかりつけの医師に相談してください。


太陽のビタミンD3とカルシウムで骨を強くする通販

「カルシウム・ビタミンD3」にはカルシウム吸収に役立つビタミンD3が配合されています。

このビタミンDには、実はビタミンD2~D7の6種類ありますが、D4~D7は食品にはほとんど含まれておらず、そして、人間にとって重要なビタミンDは、D2とD3といわれています。

また、ビタミンD3は、ヒトの皮膚に存在するプロビタミンD3(7-デヒドロコレステロール、プロカルシフェロール)が、紫外線に当たることによって生成した、プレビタミンD3(プレカルシフェロール)からも生成されます。

つまり、ビタミンD3は「太陽のビタミン」とも呼ばれますが、日光を浴びることによってビタミンD3が身体で利用できます。

また、「ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。」

骨粗鬆症などカルシウム不足の場合はビタミンD3を効率よく摂取できてないためにカルシウムが身体で吸収されずに排出されているのかもしれません。


▶ビタミンDはコロナ感染予防に有効

ビタミンDはカルシウムの吸収以外にインフルエンザ等のウィルス性の感染症に有効だと知られていました。

既に情報として多くの研究論文がでており、ビタミンD不足によりコロナ感染症での重症化リスクと、予防効果についての関連性はネットで検索すれば多くの文献が出てくるでしょう。

よく言われる目安としては、

血液中のビタミンD濃度が20ng/ml未満(ビタミンD欠乏状態)と40ng/ml以上の人を比較すると、コロナ重症化リスクが14倍に高まったとの事です。

以前からビタミンDには、骨と歯の健康促進、免疫の強化、心臓血管系疾患の予防など、多くの健康効果があることが知られてきた。

新型ウイルスについては、きちんと立証された直接的証拠は少なかったものの免疫の強化に役立つとの考えられビタミンDの摂取は進められてきましたが、

ここにきて、ビタミンDとコロナ重症化リスクの大小は論文や調査により多少のズレはありますがビタミンDの摂取でコロナ重篤化を回避できると期待されています。

ビタミンDに関してはイベルメクチンが治療薬として知られるようになって、服用方法の説明で、より高い治療、予防効果へビタミンDが推奨される事でも説明されています。

参考:イベルメクチンのコロナ向け服用方法

ここにきてビタミンDと感染症のコロナとの因果関係が見えて聞いている。このあたりの重症化リスクの倍率は論文により多少のズレはありますがビタミンDが不足していることでの






口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: カルシウム