• ユークロマプラス1本15g|皮膚のシミ、そばかす等の色素沈着を強力に漂白

ユークロマプラス1本15g|皮膚のシミ、そばかす等の色素沈着を強力に漂白

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 本 2,200 円 2,200 円
商品 x 3 本 3,480 円 1,160 円
商品 x 5 本 5,339 円 1,068 円
商品 x 10 本 12,000 円 1,200 円
商品 x 20 本 17,500 円 875 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 本 5,339 円 5,339 円
商品 x 3 本 7,685 円 2,562 円
商品 x 5 本 9,867 円 1,973 円
商品 x 10 本 15,991 円 1,599 円
商品 x 20 本 20,000 円 1,000 円
- OR -

▶ユークロマプラスとは?

ユークロマプラスの特徴は美白有効成分により「シミ、シワ、そばかす」などを薄くするなどお肌のトラブルに対応しています。
ハイドロキノン」と「トレチノイン」の2つの主成分で肌の新陳代謝も高める美容系クリニックでも処方される美白効果のあるクリーム薬です。
製造メーカは大手製薬会社の「ヤッシュ社」で1972年設立の実績があり皮膚領域に長けているメーカです。


それぞれの働きとしては、
・「ハイドロキノン」:シミを作りにくくする作用
・「トレチノイン」 :古い角質を排出する作用

お肌の再生ターンオーバ

お肌は常にターンオーバを繰りかえしており、「基底面」の細胞が徐々に表面に押し上げられていき、古い角質は垢として排出されます。
ユークロマプラスはこのお肌の再生処理(ターンオーバー)を早め、そして、シミの元になるメラニンの生成を抑制する事で美白効果が得られます。

商 品 説 明

■商品名

ユークロマプラスクリーム(Eukroma-cream)ハイドロキノン・トレチノインクリーム1本15g

■一般名(有効成分名)

ハイドロキノン(ヒドロキノン)、トレチノイン

■効果

有効成分であるハイドロキノンがチロシナーゼを阻害し、メラニン色素の生成を抑制します。トレチノインが肌の新陳代謝を促進し、シミやそばかす、小ジワを改善します。

■用法・用量

夜、洗顔後のスキンケアを行った最後に、シミや肝斑、そばかす等の気になる部分に綿棒などで塗布します。

《3種の有効成分》
・Tretinoin(トレチノイン)0.025%
・Hydroquinone(ハイドロキノン)2%
・MometasoneFuroate(モメタゾンフランカルボン酸エステル)0.001%

■注意事項

紫外線に対して過敏反応があるため、日中はSPF20以上の日焼け止めを使用してください。

また、外出時は帽子や日傘の使用をおすすめします。

妊娠中、授乳中の人は使用を控えてください。

■副作用

皮膚の発赤、乾燥感、表皮剥離、掻痒感

ただし、トレチノインの効果として、ターンオーバーを促進するため皮むけや発赤がおこることが多いので、気になる方は皮膚科医に相談してください。

■主成分

ハイドロキノン(ヒドロキノン)・トレチノイン

■商品名(日本市場)

医薬品としての取り扱いはありません。

■メーカー

YASH PHARMA LABORATORIES PVT. LTD

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ハイドロキノン - Wikipedia
トレチノイン - Wikipedia

異なる成分量製品
ユークロ

ユークロ(ユウクロマ)マプラスのトレチノインの効能とは?

ハイドロキノン成分単体ですと一般の化粧品などクリームにも配合されており美白には一般的になっている成分だと思います。
医薬成分の「トレチノイン」の効能はドラッグストア等では入手できない成分で効果が強い成分ですので用量を誤るとお肌を痛める恐れがありますね。
このように配慮が必要な成分ですので、ユークロマプラスはトレチノインの成分量が0.025%となっています。

<<トレチノインの効能>>
1.皮膚の角質をはがす。
2.
皮膚の細胞分裂、再生としてターンオーバーを促す。
3.皮脂の分泌を抑える。
4.コラーゲン分泌の活性化(皮膚のはり、小じわの改善)
5.皮膚をみずみずしくする。

「トレチノイン」の効能はターンオーバを高速にするため、古い角質を剥がし皮膚細胞分裂、再生を促す効果が強くあります。

結果、効果が効率よく得られた人は、皮膚がボロボロとはがれてくるかもしれません。
また、お肌が弱き人は赤くなったりする事もあります。

これらは正しく効果が出ている証拠でもありますね。初回は特に以下のように効果が見えやすいもしれません。

ユークロマプラス使用後すぐに(2,3時間後)古い皮膚がはがれる始める。
翌日の洗顔時に古い皮膚がはがれる。

*人によっては、ユークロマプラスのを複数回の使用後に刺激を感じる始める人もいます。
 複数回利用により古い皮膚がはがれ落ち、刺激に弱い部分が表面に出てくるなどが要因です。
刺激が強すぎると感じる方は、使用頻度を少なくし、他のクリームで薄めて使用する事も出来ます。
ハイドロキノン成分のみお求め、または成分説明は「ユークロマ」をご確認下さい。

ユークロマ(ユウクロマ)プラスでシミ濃くなる人

ユークロマプラスの使用で余計にシミが濃くなるとの口コミを聞いたことはないでしょうか。シミを薄くする目的で十分な期間で継続して使用したのに効果ないだけなら逆にシミが濃くなる事があるようです。
ユークロマプラスは、シミやそばかす、肝斑(かんぱん)など美容に最適なクリームです。

ですが、ユークマプラスの強い漂白、ピーリング効果で赤ちゃんのようなモチモチの新しい皮膚が再生されます。この新しい皮膚は紫外線や刺激により色素沈着を起こしやすい抵抗力が弱い状態です。
ですので、特にユークロマプラスを使用中は日焼け止めクリームなど、しっかりと紫外線対策が必要になります。
また、洗顔などユークロマプラスを利用している部分への刺激は極力避けてください。刺激により色素沈着が起きやすくなります。

そして、より良い効果を得るために再生される新しい皮膚に十分な栄養を与えるために、バランスのよい食事、睡眠、また、補助的にビタミンCやトラネキサム酸の服用も有効です。

▶ユークロマプラスのデリケートゾーンへの使用

ユークロマプラスを顔全体やデリケートゾーンへの使用には注意が必要です。
効能としてのシミやソバカスなどへのピーリング効果は比較的強めにお肌に負担をかけます。
成分量としては一般的に安全に利用できる範囲となっていますがデリケートゾーンへの使用は抵抗力が弱いので、強めに効果が出る事もあるようです。
顔全体に使用するにしても、頬は問題ないがオデコが弱く、強く反応をする場合があるなど、人によってそれぞれ反応が異なるようです。
ですので、使用前にパッチテストはもちろん、いきなりデリケートゾーン全体に使用するのではなく、狭い範囲から初めて少しづつ範囲を広げるなどが必要になります。
また、初めて使用する場合は、すぐに洗い流せる場所で使用するとして、反応が強く出た場合はすぐにクリームを洗い流して様子を見るようにして下さい。
3日目位から急に反応が強く出る場合もあります。これは、ピーリング効果により弱い皮膚が表面に出てくることで、強くユークロマプラスに反応する事があるようです。
利用から1週間程度はよく注意してご使用ください。

▶ユークロマプラスの毎日利用

ユークロマプラスの毎日の使用について注意したい点としては、個人差があります。
ユークロマプラスは副作用も起きにくく、顔全体に塗っても問題がない口コミも多くありますが、それでもお肌が弱い方は毎日の理由には問題がある場合があります。

錠剤のお薬と違い、お肌に直接に使用する訳ですので利用期間や利用間隔は毎日利用しない方がよい人もいます。
特にトレチノインのピーリング効果は強めで敏感肌ではヒリヒリしたり紅くなる事もありますので、お肌の状態をみながら利用間隔の調整をしてみてください。
休薬期間などを設けるなどでもお肌が弱い人には十分に効果があります。

もし、刺激が強すぎると感じる場合は、ハイドロキノン成分のみお求め、または成分説明は「ユークロマ」をご確認下さい。

ユークロマプラス使用期限

メーカー側も開封後の使用期限、保存方法については明確には触れていませんが、ユークロマプラスの使用期限はペッケージに書かれている「EXP Date」の日付をご確認下さい。
Expは「Expiration date(使用期限)」の英語略です。
一般的なクリーム製品は開封後の使用期限は1ヵ月程度でされており、開封後は空気や温度、日光などの影響で成分の酸化が始まります。
成分の酸化により期待した効果が無いだけでなく、お肌に良くない成分に変化してしまう可能性が有りますので、特に開封後の保管は冷蔵庫などの適切な場所で保管してください。
また、利用終了時にはしっかりとキャップを締めていれば開封後でも長期使用は可能なようです。

「ハイドロキノン」と「ヒドロキノン」の違いとは?

美白クリームを選択するうえで成分名で混乱される方もいるかもしれませんが、どちらも同じものです。

・医薬名称では「ヒドロキノン」

・美容クリニック等では「ハイドロキノン」と呼ばれている。

ユークロマプラスのハイドロキノンとヒドロキノンの違い

呼び方が異なるだけで効果、効能は同じです。

また、ユークロマプラスの漂白成分はハイドロキノンは2%ですが漂白効果の白い色抜け(白斑)が起きにくい安心な成分量です。

▶ユークロマプラスの市販薬は偽物

ユークロマプラスの市販薬は問題があります。Amazonや楽天、又はマツキヨなどのドラッグストアーでは購入が出来ないはずです。
もし販売されていれば、それらは偽物か模造品などの可能性があります。
なぜならユークロマプラスに関しては処方箋が必要な医薬品ですので病院か個人輸入でのみ入手が可能なはずです。

ですが、ユークロマプラスならばネット通販で海外から飛行機便でお届けされますので、通院不要で美白治療が出来ます。
安心面からも初めはクリニックでお肌の状態を見てもらい、次回からはネット通販で購入する方法もあります。
多めに購入すると安価になるので、冷蔵庫で保管しておけば長期保存がききますので、ストックして置いておくこともできるし、欲しいときにいつでも通販注文で自宅へ届けてくれる便利さがあります。
*注:ユークロマとユークロプラスは異なる商品です。


参考資料:

ターンオーバー(生物)-wikipedia

ケミカルピーリング-wikipedia

メラニン-wikipedia

チロシナーゼ-wikipedia

雀卵斑-wikipedia


▽▲▽ユークロマプラスのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲


口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 美容