• クロフラニール25mg(Clofranil)クロミプラミン塩酸塩・錠剤 1箱100錠|うつ病、過食症や夜尿症、遺尿症(いにょうしょう)へのお薬

クロフラニール25mg(Clofranil)クロミプラミン塩酸塩・錠剤 1箱100錠|うつ病、過食症や夜尿症、遺尿症(いにょうしょう)へのお薬

  • Sun Pharma
  • M2011250001
  • 在庫あり

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 4,411 円 4,411 円
商品 x 2 箱 7,769 円 3,884 円
- OR -

▶クロフラニール25mgとは?

クロフラニール25mgは主成分がクロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochlorid)で うつ病や尿失禁(遺尿症)の治療を目的に用いられます。
日本国内での処方ならば同成分のアナフラニールが先発薬として知られています。
このアナフラニールとクロフラニールは先発薬と後発薬(ジェネリック)との関係で成分、効果とに違いはありません。

大人、子供のオネショ対策にも利用されています。

同成分は歴史が長く利用されている抗うつ剤で、強い作用が特徴です。
*ジェネリック薬品とは?
  製薬特許の保護期間が終了した成分を使用し、各社医薬メーカーが安価に製造するお薬です。


様々な場面で活躍するクロフラニール❕ うつ病、過食症や夜尿症から遺尿症まで
先発薬アナフラニールより低価格で購入
大容量で長期服用に最適

▶クロフラニール25mgの特徴は?

クロフラニール25mgの有効成分は セロトニン(心を落ち着かせる)やノルアドレナリン(意欲を高める)不足による鬱症状の改善効果が有ります。

また、うつ病の症状だけでなく排尿異常への効果があるとして遺尿症(いにょうしょう)の治療にも用いられます。

服用方法

こちらの「クロフラニール」はクロミプラミン塩酸塩が25mg/錠となっています。

・うつ病:50~100mg/日(最大225mgまで可能)を1~3回に分割して服用。

・遺尿症:20~50mg/日を1~2回に分けて服用。

     通常、6歳未満(10~25mg/日)

・ナルコレプシーによる情動脱力発作:10mg~75mg/日を1~3回に分けて服用。

*いずれも、低用量ずつ開始し徐々に増減して下さい。年齢や症状に応じて適宜増減が必要です。
 必要以上に服用しても効果が強くなる訳ではありません。

▶注意点

服用開始、増量時には精神状態が不安定になる恐れがあります。

▶用法 注意事項 等

商品名

クロフラニール(Clofranil) クロミプラミン塩酸塩 25mg 1箱100錠 

一般名(有効成分名)

クロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochlorid)

効果

第一世代の三環系抗うつ薬アナフラニールのジェネリック薬です。
クロフラニールはセロトニン分泌を増やし精神的なバランス調整を補助します。うつ病、過食症や夜尿症、遺尿症(いにょうしょう)などへも使用されます。

用法・用量

●うつ病など精神科の症状
通常、成人の場合1日50~100mgを1~3回に分割して服用する。
*上限/日は225mgまで
●遺尿症(いにょうしょう)
通常、6歳未満の幼児の場合1日10~25mgを、6才以上の小児の場合1日20~50mgを1~2回に分割して服用する。

ナルコレプシーに伴う情動脱力発作の場合

通常、成人にはクロミプラミン塩酸塩として1日10~75mgを1~3回に分割して服用する。

胃のむかつきを防ぐために充分な量の水で服用してください。
また、柑橘系(グレープフルーツジュース等)を摂取しないでください。

注意事項

●パーキンソン病のお薬のセレギリンとの併用は禁止です。

●ほかの安定剤と併用する場合は注意が必要です。

  上記のほかにも服用に注意すべきお薬がありますので、服用中のお薬がある場合は事前に医師に相談をして服用を開始してください。

●柑橘系(グレープフルーツジュース等)はお薬の血中濃度が高くなる可能性があるためお薬の服用中は摂取しないでください。

●アレルギー反応を起こした場合は、すぐに最寄りの救急科に進んでください。

  このような反応に通常関連する症状には、呼吸困難または嚥下困難、胸部圧迫感、腫れ、皮膚の発疹、じんましんなどがあります。

●実際に効果が感じられるまで2,3週間かかりますが、効果がないといって許容量以上の服用は絶対にしないでください。

●また、急に服用を止める大きな反動がある場合がありますのでお薬を止める場合は医師に相談してください。

副作用

▼クロフラニルを使用している患者は、次のような副作用が発生する可能性があります。
●めまい
●眠気
●便秘
●胃のむかつき
● 吐き気
● 嘔吐(おうと)
●口渇

▼副作用が続く場合、または次のようなより副作用が発生した場合は、すぐに医師に連絡してください。
●痛みを伴うまたは困難な排尿
●発作
●不整脈
●ぼやけた視界
●精神的または気分の変化
●性欲やパフォーマンスの低下
●感染の兆候
●重度の筋肉のこわばり

主成分

クロミプラミン塩酸塩

商品名(日本市場)

アナフラニール錠(アルフレッサファーマ社)

メーカー

サンファーマ社

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

クロミプラミン - Wikipedia
医療用医薬品 : アナフラニール

うつ病 - Wikipedia

 ・セロトニン - Wikipedia

▶夜尿症(オネショ)対策へ

当薬品(クロフラニール)は大人のオネショ(夜尿症)対策にも使用されています。作用としては尿閉(尿が出にくくなること)する事により世尿症対策になります。
クロフラニールでは根本的な治療にはなりませんが外泊の際に失敗が許されない場合などの用途も考えられます。

夜尿症と似た遺尿症(いにょうしょう)という病名も存在します。これは日中でも無意識に排尿してしまう病的状態を含んでいます。多くはありませんが大人になっても夜尿症が続く人もいるようです。
夜尿症の原因としては膀胱が小さかったりホルモンの問題だったりと本人の意思で改善は難しくなっています。オネショ対策で水分制限において夏場などでは熱中症など恐れがもありますので注意が必要です。考え方としては利尿作用があるカフェインを含んだ緑茶、紅茶、コーヒー、喉が渇きやすくなる濃い味付けの食べ物(塩分の高い食べ物)は日常的に避け、クロフラニールと合わせてご利用ください。

▶クロフラニールがコロナ治療に効果

九州大大学院などの研究グループは17日、「クロミプラミン」(商品名:当クラフラニールの成分)に、新型コロナウイルスが細胞内に侵入するのを妨げ侵入後もウイルスの増殖を抑制する効果があることを突き止めたと発表した。(2021年3月17日)

新型コロナ感染状態は最近は落ち着いてきたとの認識を持てるではないでしょうか。多くの研究者がコロナとは今後もインフルエンザと同じで付き合っていく感染症になる予想をしています。

そして、風邪のように同様な扱いとなり、感染をすれば治療薬を服用し、感染初期又は予防に関しては「クロフラニール」のようなお薬を使用していくのではないでしょうか。

▶クロフラニール(クロミプラミン)は人間用

商品名のクロフラニールや成分名のクロミプラミンでネット検索をすると「動物用の薬」としても販売しているところを見かけるかもしれません。
こちらは人間用に開発されたお薬ではありますが、ペットが分離不安症で飼い主がお出かけの時に「無駄吠え」「破壊行為」「不適切な場所での排泄」などにも対応しております。

当薬品は当医薬品は人用に作られていますので犬猫など動物に使用する場合は特に用量にはご注意ください。
このクロフラニールは1錠あたり25㎎と小型の動物には高用量となってしまいます。
例えば、動物ごとに異なりますが以下のように調整が難しくなっておりますので、十分に気を付けてご使用ください。
・4KGの犬ですと、4~8㎎で十分な量です。(体重1㎏あたり1~2mg)、
・4KGの猫ですと1.6mg(体重1kgあたり0.4㎎)


▽▲▽クロフラニール25mgのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲


口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: うつ病, Clofranil, 夜尿症, オネショ, おねしょ, クロミプラミン, , うつ, 過食, 過食症, アナフラニール, アナフラニールジェネリック, Clomipramine,