• バスパー・ジェネリック10mg(バスピン-Buspin-10)塩酸ブスピロン・1箱100錠|セロトニン作用による睡眠導入、不安解消、統合失調症患者認知機能改善

バスパー・ジェネリック10mg(バスピン-Buspin-10)塩酸ブスピロン・1箱100錠|セロトニン作用による睡眠導入、不安解消、統合失調症患者認知機能改善

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 3,500 円 3,500 円
商品 x 2 6,500 円 3,250 円
商品 x 3 7,600 円 2,533 円
商品 x 5 10,000 円 2,000 円
商品 x 10 13,500 円 1,350 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 5,938 円 5,938 円
商品 x 2 7,880 円 3,940 円
商品 x 3 9,671 円 3,224 円
商品 x 5 13,703 円 2,741 円
商品 x 10 15,928 円 1,593 円
- OR -

商 品 説 明

■商品名

バスパー・ジェネリック-バスピン10mg(Buspin-10)塩酸ブスピロン・1箱100錠

■一般名(有効成分名)

塩酸ブスピロン

■効果

有効成分の塩酸ブスピロンが、脳内伝達物質のセロトニンの作用を高め、ドーパミンやアドレナリンといった気分が高揚する物質を増強します。

そのことにより、不安や恐怖感が抑制され、睡眠障害の改善にも役立ちます

■用法・用量

・不安障害に対して

通常、成人に対して1回5㎎、最大15㎎を1日2~3回服用します。

効果の出現まで3~4日の間隔をあけ、5㎎ずつ増量し、1日量最大60㎎以下まで増量が可能です。

・睡眠障害に対して

通常、成人に対して就寝前に1回5㎎を服用します。

☆塩酸ブスピロンは穏やかに効き目が出るお薬です。1回飲んで効かないからと増量するのではなく、しばらく同量を飲み続けて様子を見てください。

■注意事項

以下の方は服用を控えてください。

パーキンソン病、妊婦、高齢者、内臓疾患、他に精神治療薬を服用している場合、抗ヒスタミン剤の服用をしている場合

■副作用

精神神経系:めまい、眠気、興奮、倦怠感

消化器:胃痛、嘔気、腹痛、下痢

その他:頭痛 、のどの渇き

■主成分

塩酸ブスピロン

■商品名(日本市場)

国内商品はありません。

■メーカー

INTAS PHARMACEUTICALS LTD

・バスパー・ジェネリック-ブスピン10㎎での不安障害の治療

ノルアドレナリン(不足、過剰)状態

ブスピン10mgは先発薬「バスパー」と同様に不安障害としては2週間以上継続して服用することで、ゆっくりと改善します。
主成分の塩酸ブスピロンが5-HT1A受容体と結合し、セロトニンと同等の働きをします。
セロトニンがノルアドレナリンとドーパミンを調整する働きがありますが、強いストレスを受けるとセロトニンが減少する傾向があります。

ドーパミン(不足、過剰)状態

セロトニンは神経活動を刺激する事で、ドーパミンやアドレナリンを増やすことで、気持ちを前向きにし、精神を穏やかにする作用があります。
結果、不安感や恐怖感の抑制につながるのです。
また、比較的「ゆっくり」とマイルドな効果なので、効果の出現まで比較的時間がかかることもありますが、依存性や副作用が少ないことも特徴です。
日常生活の中で「日光を浴びる」「運動をする」などでもセロトニンの分泌を増加されられますので、バスピンと合わせて取り入れてください。

・不安障害とは

不安は、精神的なストレスや何か脅威、負荷を感じた場合など、誰にでも起こる感情です。
しかし、不安障害の場合はその症状が頻繁に生じたり、日常的に起こるために生活に支障が出たりするのです。

症状としては動悸、息切れ、めまい、心拍数の上昇、震え、恐怖感、睡眠障害、不眠症、注意力や集中力が衰える、倦怠感、食欲が低下し、体重が減る(もしくはその逆)などがあります。
原因は遺伝的なものや環境(ストレスや外傷的な経験)、精神的な気質などがあげられます。
不安障害を持つ人は、そうでない人と比較すると、うつ病を発症しやすいといわれています。
当人にとっては大変辛い状態ですが、正しい治療を行うことで症状の改善ができる疾患でもあります。

不安障害とは(苦痛、ストレス、不安)


・不安障害の予防と治療

不安障害の原因が外的な要因(身体的な病気や不安にさせる事案、薬)の場合は、その要因を取り除くことで不安症状を改善できます。

また、不安を抱えている人の不安や恐怖、回避行動の原因となっている考え方の改善方法は2種類あります。
1.医師や臨床心理士と話しながら変えていく精神療法
2.自分の不安感を認知し客観的にみられるようにする認知行動療法

があります。
それらの治療方法に合わせて行われるのが薬物療法です。
薬物療法の種類はセロトニンの濃度を高め不安や恐怖を抑制するSSRI、脳神経に作用して不安などの感情を抑制する抗不安薬、震えなどの症状を抑えるβ遮断薬があります。
個人輸入で通販購入できるバスパージェネリック10㎎は有効成分の塩酸ブスピロンが脳内のセロトニンの濃度を高め、不安や睡眠障害を改善する服用薬です。

・ブスピンの副作用

服用開始から1~2週間程度でゆっくりと効果が現れます。
ブスピンは依存性や副作用が低いため安全性が高い抗不安薬とされています。
ですが、それでも眠気や立ち眩(くら)み、頭痛、神経過敏などの症状が現れる場合はご注意下さい。
薬への慣れもありますが、副作用が重たい場合は医師にご相談下さい。

・ブスピンの使用体験談

不安障害を長いこと患っており、投薬を続けていました。引っ越しをし、新しい場所で精神科を探そうと思ったのですが、環境の変化と新しいクリニックに対しての緊張からか症状が重くなり、外出もままならなくなりました。
眠れなくなって、目の下にクマができるくらいでした。
以前から個人輸入は気になっていたのですが、もともと飲んでいた薬が販売されておらず躊躇していました。しかし、バスパー・ジェネリックを私が飲んでいた薬の代用としている人がいると知り、思い切って購入してみました。
思ったより早く到着し、早速飲んでみたところ、悩まされていた不安感や焦燥感、恐怖感が薄らいできました。いろいろ考えていたら眠れなかったのに、夜も眠れるようになりました。
こんなことならもっと早く個人購入で買えばよかったと思っています。購入方法も簡単だし、わざわざ病院にいかなくてすむのが良いですね。

・バスパー・ジェネリック-ブスピン10㎎を個人輸入で用いるメリットとは?

不安障害はあるものの、精神科を受診するということに抵抗感を感じている人も少なくありません。それゆえに病院に行かず、症状が悪化する人もいるというのが現実です。
また、不安障害がある人は、外出にも不安や恐怖心を感じている人が多く、個人輸入なら対面しなくても薬を購入することができるので、治療の中断ということにもならないのです。
それに加えて精神科の待ち時間は長く、症状がある人にとっては苦痛です。そんな待ち時間がないことも大きなメリットだといえるでしょう。
ブスピンはジェネリック薬品ですのでバスパーと同成分です。大手製薬会社(インタス社)製ですので安心してご使用いただけます。

*名称は「ブスピン」又は「バスピン」と呼称されます。


三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 睡眠, 不安, 統合失調, 認知症, セロトニン, バスパー, 塩酸, ブスピロン, バスパー, バスピン, Buspin,