正しいコンドームの着け方、避妊の仕方

▶意外と難しい正しいコンドームの装着方法

コンドームの避妊率は86%~97%と言われています。注意したい事はコンドーム着用でも失敗する事はある事です。
正しいコンドームの装着が出来れば問題はないはずですが誤った装着方法や取扱い方の問題で妊娠!という事は無いようにしたいですね。
コンドームを開封する時や、装着する時にゴムを損傷させてしまうなどでゴムが破れ避妊に失敗する事などがあるようです。

コンドームの裏表の向きを誤る事も多いようです。

避妊を失敗した場合は「緊急避妊薬」がありますが、一時的な身体の不調なども予想され決して多用するべきものではありません。
ですが、妊娠してしまう事で「望まない出産」や「中絶手術」など女性の体や経済的な負担が出ないようにしたいですね。

もし、1年に何度も緊急避妊薬を利用するならば、低用量ピルもお勧めです。緊急避妊薬より体に優しいです。

▶コンドームの正しい装着方法


中身を はし に寄せて封を空けます。
コンドームを取り出す時に「裂いた部分」でゴムを傷をつけないように袋は裂き切って捨ててください。
*裏表の確認を間違えると行為の最中に抜けてしまう事もあります。

「精液だめ」をねじって空気が入らないように押さえます。
そのまま片手で 亀頭 きとう に密着させて、もう片方でコンドームを巻き下ろすようにしてください。
*装着前の確認
  ・勃起してる。
  ・「 包茎 ほうけい 」の場合は皮を剥いた状態で装着

爪を立てずに「スルスル」とコンドームを根元まで下ろしていきます。

この時、ペニスの根元で皮が余ります。皮がダブついた状態になりますが、
この皮が余った状態のままピストン運動をするとコンドームを押し上げ外してしまう事が有ります。
ですので、予防のために、いったん根元まで下ろしたコンドームをもう一度亀頭部分へ向けて移動させ、ペニスの根本の皮が伸び切った状態にして、コンドームが根元まで覆うように調整をして下さい。

コンドームの逆に装着すると(潤滑液が付いている方を男性側で装着する)と、行為の最中にコンドームが脱げてしまう危険性があります。

コンドームの外側はよく滑りますので、万が一でも裏表を間違えると「スッポリ」とゴムが取れてしまいますね。

▶コンドームが破れた!避妊失敗時の対処方法

コンドームの避妊率の意外な低さは、やはり素材が薄いゴムという所でしょうね。「コンドームが破れた」「外れてしまった」などだけでなく冗談のような話でも穴が開いていたなどは、

ホテルなどの備え付けゴムなどでは、前の客がイタズラで穴をあけていくなどもあるようです。あと、ドンキなどでの安売りゴムは品質に問題があったりも考えられます。

どんな形でも数ミリ以下の薄ゴムが何らかの事故により膣内に精子が入り込んでしまえば、慌てて膣内洗浄を行っても避妊は難しいでしょう。

このような場合は緊急避妊ピル(アフターピル)での緊急避妊が必要になります。妊娠検査薬で妊娠の要否が確認できる時点では工中絶などの施術が必要になります。女性の体への負担、経済的な出費が多くなってしまいます。

緊急避妊ピルならば「72時間~120時間」ならば、かなり高い確率で避妊を成功させます。

現在では「緊急避妊ピル」は2種類あります。
違いとしては左側の「エラ(ella)」の方が性交渉からの避妊率が高いのですが、少し値段が高めになっています。
もし、24時間以内で服用できるのであれば、どれちらも避妊率は殆ど変わりません。

アイピル(i-pill)1.5mg 1箱1錠 ピラマル・ヘルスケア│緊急避妊薬

アイピル(i-pill)

エラ(ella) 30mg|緊急避妊薬(アフターピル)

エラ(ella)

緊急避妊ピル(アフターピル)は婦人科などでも必ず取り扱いが有る訳でもなく服用が遅くなればなるほど、避妊率が低下するため予め準備しておくことをお勧めします。
保険適用外なので婦人科での処方箋ですと2~3万円程度の出費の覚悟は必要です。

また、留意しておきたい事は、緊急避妊薬は性病には効果はありません。

▶女性主導による避妊方法

ある意識調査では男性は3割強の人は「ゴムを絶対に着ける」との調査がありました。つまり、逆に言うと6割強の人が着けない着けたくないという事でしょう。
女性の合意?があれば半数以上の人がコンドームを着けない妊娠の可能性が高い性行為をしている事になります。
*参照:オカモトゴムの調査

女性としても男性から強く「膣外射精(外で出すから)」だから大丈夫と言われれば拒否しにくい事もあるでしょう。
ですが、その一時の油断が人生を左右する事もあります。想像力があれば妊娠した場合の身体への負担、経済的出費などが分かるはずです。
特に女性は一番の被害者になりかねません。
ですので、女性の方は男性主導の避妊だけでなく女性の主導での避妊も検討をしてみてください。

▶低用量ピルの薦め

マーベロン・ジェネリック/ノベロン Novelon 1箱21錠 メルク社

低量ピルは毎日正しく服用が出来れば 約99.7%の避妊率になります。
つまり、コンドーム単体より避妊率が高いのです。
これにコンドームの利用が出来れば避妊として完璧ではないでしょうか。

低用量ピルには避妊効果の他に「生理痛の緩和」や「月経血の量を減らしたり」「PMS予防」等と女性特有の悩みを緩和させる効果もあります。
ニキビなどもお肌の問題も低用量ニキビで改善する事もあり美容系クリニックでも積極的に美容処置に選択されています。

また、万が一に備えて「緊急避妊薬」も常備しておくと良いかもしれません。

海外ではコンドームよりも低用量ピルによる避妊が上回る調査もあるように一般化しており、リスク管理としては優れた手段と考えられてもいます。



参考資料:
経口避妊薬-wikipedia

コンドーム-wikipedia

避妊-wikipedia

妊娠-wikipedia