• フルボキシンCR50mg(FLUVOXIN) フルボキサミンマレイン酸塩・30錠/箱|うつ病、強迫性障害、社会不安障害などへ使用

フルボキシンCR50mg(FLUVOXIN) フルボキサミンマレイン酸塩・30錠/箱|うつ病、強迫性障害、社会不安障害などへ使用

  • Sun Pharma
  • M210106001
  • 在庫あり

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 8,097 円 8,097 円
商品 x 2 箱 15,106 円 7,553 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 箱 10,393 円 10,393 円
- OR -

▶フルボキシンCR50mgとは

フルボックスのジェネリックで1錠50㎎タイプです。正規品のジェネリック品ですので主成分がフルボキサミンマイレンであるので「うつ病や強迫性障害(OCD)など」の治療で使用されます。
精神的な疾患をお持ちの方は通院自体が一苦労ですし医師とお話しするのも億劫になるかもしれませんがフルボキシンCRならば通販と同様にネットでご注文をしてご自宅までお届けされますので、ストレスを最小限で治療が可能です。
ジェネリックを製造する大手製薬会社の「サン・ファーマ社」製ですのでご安心してご利用可能です。

フルボキシンの製薬メーカーのサン・ファーマ社は日本にも支社があります。また、安価なジェネリックとして世界中で使用されているで、対象が日本人口ではなく、世界的に利用されているお薬ですので、より安心できるではないでしょうか。


フルボックスの正規ジェネリック うつ病、強迫性障害、社会不安障害の改善
正規品ジェネリックだから先発薬と同様の効果
副作用が起きにくい

商 品 説 明

■商品名

フルボキシンCR50mg

■一般名(有効成分名)

フルボキサミンマレイン酸塩

■効果

うつ病、うつ状態、強迫性障害、社会不安障害など、抗うつ剤として使用

■用法・用量

成人では、1日50mgを初期用量として、1日150mgまで増加服用が可能。

年齢・症状によって用量は増減する。

1回1錠を噛まずに服用してください。

■注意事項

下記障害などがある方は、服用に十分注意が必要です。医師と相談して使用を検討してください。

●肝障害

●重篤な腎障害

●てんかん等の痙攣性疾患

●躁うつ病患者

●脳の器質的障害、統合失調症

●衝動性が高い併存障害

●心疾患

●出血性疾患

●緑内障または癌内圧亢進

高齢者・小児への投与は必ず医師と相談してからにしてください。

妊婦への投与は望ましくありません。医師と相談してください。

■副作用

<重大な副作用>

痙攣、せん妄、錯乱、厳格、妄想、意識障害、ショック、アナフィラキシーなどの症状がでる場合がありますので、十分に経過観察して、症状がでた場合には服用を中止して、医療処置をしてください。
また、白血球減少、血小板減少、セトロニン症候群、肝機能障害、黄疸など症状もでることがあります。

<通常の副作用>

めまい、ふらつき、集中力低下、焦燥感、動悸、血圧上昇、発疹、貧血、嘔吐、腹痛、下痢、消化不良などがあります。身体に不調が見られたら、ただちに医療機関で処置をしてもらってください。

■主成分

フルボキサミンマレイン酸塩

■商品名(日本市場)

フルボキサミンマレイン酸塩錠50mg (シオノケミカル)

■メーカー

Sun Pharmaceutical Industries Ltd

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

フルボキサミン - Wikipedia

医療用医薬品 : フルボキサミンマレイン酸塩

▶フルボキシンの成分であるフルボキサミンマレイン酸塩とは?

フルボキシンの成分の「フルボキサミンマレイン酸塩」は抗うつ剤のお薬として知られています。鬱(うつ)の症状の改善はセロトニンが重要とされています。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれる人をハッピーに気分にし、精神の安定や平常心、脳を活発化させる鍵となると言われています。
うつ病や社会不安障害など人の気持ちがネガティブ傾向となり自殺率の増加など、このセトロニンの欠乏などが問題になっています。

そして、フルボキシンは脳内の不足したセロトニンの働きを強めることで、憂鬱(ゆううつ)な気持ちや落ち込んでいる気分を和らげてくれます(選択的セトロニン再取り込み阻害薬(SSRI))。

健康的な生活でセロトニンを分泌させる

セトロニンは、日光浴だけでなく、ランニングや水泳など、適度な有酸素運動でも増加すると言われています。また、通常の生活内でも、意識的に喜怒哀楽などを表に出すようにして脳内活動をさせましょう。
このようにし、セトロニンの増加が期待できます。定期的な質の良い睡眠をとることも重要です。脳は、腸とも神経でつながっています。腸内環境を整えることで、体調の変化や幸福感を実感でき、セロトニン分泌にも良いと考えられています。









口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: うつ病, うつ, 鬱病, , 強迫性障害, 不安, フルボキサミンマレイン,