お薬(錠剤)を分割しても良いのでしょうか?

お薬を分割する点で注意が必要なのは、お薬の中には男性専用であったり子供の服用できない成分もあります。

例えば、AGA治療に使われるフィナステリドは錠剤を分割する場合は注意が必要です。

この成分は男性ホルモンに影響する為、妊娠、または妊娠予定の女性や乳幼児の場合は小さな破片でも摂取してしまうと危険とされています。
つあmり、錠剤を分割の際に飛び散る破片により、これらの人たちに悪影響を及ぼす場合もあります。



カマグラゴールドの錠剤は分割しても問題ない?

カマグラゴールの錠剤は分割を禁止はされていないタイプのお薬です。

錠剤は比較、柔らかで錠剤の形状が左右上下均等なので簡単に案分で分割できます。

白い部分の成分シルデナフィルは少し苦いですが気にならない程度です。



また、例えばシアリスは20mg/錠ですが、EDが軽症の場合は4分割の5mgでも効果がある人もいます。
ですが、錠剤の形状がひし形ですので、綺麗な4等分は難しくなります。



フィンカ―の錠剤を分割しても問題ない?

フィンカ―はフィナステリド5mgですが、1錠当たりの単価が低いので経済的に長期利用できます。
フィナステリドは「AGA治療」と「前立腺肥大症・前立腺癌」に利用されるお薬です。
ですが、AGA治療の場合はフィナステリドは1mg/日が最大摂取可能量と言われていますので、少なくとも5等分以上の分割が必要です。
ネットユーザさんは4等分で利用している方が多いようですが副作用を考慮したり、分割の手間を考えるとフィナステリド1mgなどの方が良いかもしれません。


ロニタブの錠剤は分割しても問題ない?

ロニタブはミノキシジルが5mgと10mg/錠があります。
ロニタブには分割線が入っているのでカッターでの切断もやすくなっています。

ですが、錠剤が硬めですので、カッターで押し切る瞬間に錠剤が飛び散ってしまう事があります。

カット時には柔らかい布の上や手で押さえて飛び散らないように注意が必要です。


分割出来ない薬とは?

お薬の中には分割禁止のお薬もあります。このようなお薬の方が特殊ではありますが、錠剤が溶けるタイミング(胃、腸)を考慮された設計の錠剤があります。
もし分割できない錠剤の分割をすると成分の吸収が早くなり強い効果を感じたりします。成分が強すぎるために胃が荒れたりする場合もあります。

初めの方にも書きましたが、注意する点としては例えばフィナステリドは分割での服用は出来ますが、取り扱いには注意が必要です。


海外の通販サイトにあるお薬で分割が出来ないお薬は見かけたことはありませんが、絶対に無い訳ではないので分割する場合は注意が必要です。

少なくとも新薬でなければ分割による弊害がある場合はネット上に情報がありますので、お薬を分割したい場合は、製品名か成分名で一度ネットで検索してみてください。